いま食べておきたい!唸るラーメンに関するグルメ記事


関内の唸るラーメン、いま食べておきたい「元祖横浜ワンタン本舗」の「特製雲呑そば」

関内の唸るラーメン、いま食べておきたい「元祖横浜ワンタン本舗」の「特製雲呑そば」

超・超ロング!二度見必至の驚愕ワンタン麺。信州を拠点に、春日の『魚雷』や『烈士洵名』など全国に展開を進める『ボンド オブ ハーツ』グループが新ブランドをプロデュース。“具と皮の両方が楽しめるワンタン” の専門店をオープンさせた。


松戸の唸るラーメン、いま食べておきたい「松戸中華そば 富田食堂」の「雲呑そば」

松戸の唸るラーメン、いま食べておきたい「松戸中華そば 富田食堂」の「雲呑そば」

松戸の唸るラーメンは「松戸中華そば 富田食堂」のラーメン。つけ麺の名手『とみ田』が手掛ける『富田食堂』が移転リニューアル。グループ初となる淡麗系ラーメンを新たな看板メニューに掲げ、再スタートを切った。


大岡山の唸るラーメン、いま食べておきたい「長浜ナンバーワン」の「煮たまごらーめん」

大岡山の唸るラーメン、いま食べておきたい「長浜ナンバーワン」の「煮たまごらーめん」

大岡山の唸るラーメンは「長浜ナンバーワン」のラーメン。本場・博多長浜の超人気豚骨店が東京に初上陸!昭和46年に豚骨の聖地・博多長浜で創業以来、地元で絶大な人気を誇るラーメン店。福岡市内を中心に店舗展開をしているが、東京への出店は意外にも今回が初という。


東小金井の唸るラーメン、いま食べておきたい「まるえ食堂」の「貝そば」

東小金井の唸るラーメン、いま食べておきたい「まるえ食堂」の「貝そば」

東小金井の唸るラーメンは「まるえ食堂」のラーメン。東小金井の人気店『くじら食堂』が二毛作店を開始!これまで夜だけの営業だった『くじら食堂』が、昼限定の二毛作店をオープンさせた。新ブランドで軸に置く「貝そば」のコンセプトは、「東京一、貝だしが効いたラーメン」。


蒲田の唸るラーメン、いま食べておきたい「鯛塩そば 狐狸丸」の「味玉鯛塩そば」

蒲田の唸るラーメン、いま食べておきたい「鯛塩そば 狐狸丸」の「味玉鯛塩そば」

蒲田の唸るラーメン、宇和島産の真鯛と大山どりの旨みが詰まった噂の塩ラーメン!「鯛塩そば 狐狸丸」看板の「鯛塩そば」は、愛媛県宇和島産の真鯛と大山どりの旨みを合わせた至極のWスープ。タレにもアラから抽出したダシを使っているので、鯛の旨みが濃縮されている。


三鷹の唸るラーメン!いま食べておきたい「麺屋 さくら井」の「特製らぁ麺」

三鷹の唸るラーメン!いま食べておきたい「麺屋 さくら井」の「特製らぁ麺」

三鷹の唸るラーメンは「麺屋 さくら井」のラーメン。看板の「醤油らぁ麺」を支えるのはふくよかな鶏スープ。水炊き用に開発されたコクのある「はかた地どり」のガラと、脂のりのよい「大山どり」の丸鶏でとったスープに、醤油感を立たせた力強いタレを合わせている。


新小岩の唸るラーメン!いま食べておきたい「usaco noodles」の「鶏・蜊そば」

新小岩の唸るラーメン!いま食べておきたい「usaco noodles」の「鶏・蜊そば」

新小岩、usaco noodles (ウサコ ヌードル)は美味しさだけではなく演出にも個性が光るラーメン注目店!熊本の地鶏「天草大王」と栃木の銘柄鶏「蔵王土鶏」でとった高級鶏スープで、タイプの異なる無化調ラーメンを展開。


大宮の唸るラーメン!いま食べておきたい「煮干中華そば専門 煮干丸」の「濃厚煮干そば」

大宮の唸るラーメン!いま食べておきたい「煮干中華そば専門 煮干丸」の「濃厚煮干そば」

大宮の唸るラーメンは「煮干中華そば専門 煮干丸」のラーメン。川越の本店に続き、こちらの店舗もテーマは煮干し。雑味がなく上品な味わいの香川伊吹産高級いりこを使い、鮮烈に香る煮干しそばを提供している。


四谷三丁目の唸るラーメン!いま食べておきたい「京紫灯花繚乱」の「中華そば」

四谷三丁目の唸るラーメン!いま食べておきたい「京紫灯花繚乱」の「中華そば」

四谷三丁目の唸るラーメン!鯛ラーメンで名を馳せる『灯花』グループ待望の3号店がオープン。今回は全メニューに京都の素材を使い、徹底的に“京都産”にこだわった。


護国寺の唸るラーメン!いま食べておきたい「MENSHO」の「潮そば」

護国寺の唸るラーメン!いま食べておきたい「MENSHO」の「潮そば」

護国寺の唸るラーメンは「MENSHO(めんしょう)」。市ヶ谷『麺や 庄の』を皮切りに米・サンフランシスコにも進出を果たした『MENSHO』グループが、国内7店舗目となる店を護国寺にオープンさせた。新ブランドのテーマは“Farm to Bowl”。


あきる野市の唸るラーメン!いま食べておきたい「五ノ神精肉店」の「豚骨らーめん」

あきる野市の唸るラーメン!いま食べておきたい「五ノ神精肉店」の「豚骨らーめん」

あきる野市の唸るラーメンは「五ノ神精肉店(ゴノカミセイニクテン)」。エビや銀ダラ、サケやウニといった個性的な食材を使い、業界に新風を吹き込んできた鮮魚系ラーメンのスペシャリスト『五ノ神』ブランドに待望の新店が登場!


大森駅の唸るラーメン!いま食べておきたい「麦苗」の「特製醤油らあめん」

大森駅の唸るラーメン!いま食べておきたい「麦苗」の「特製醤油らあめん」

大森駅の唸るラーメンは「麦苗(むぎなえ)」。「Homemade Ramen 麦苗」は化学調味料には頼らず、国産の食材と厳選した調味料で旨みを追求する。[アクセス]JR京浜東北線大森駅北口から徒歩5分


神奈川・弘明寺駅の唸るラーメン、いま食べておきたい「ロ麺ズ」の「らーめん正油」

神奈川・弘明寺駅の唸るラーメン、いま食べておきたい「ロ麺ズ」の「らーめん正油」

神奈川・弘明寺駅の唸るラーメンは「ロ麺ズ(ロメンズ)」。神奈川を代表する人気ラーメン店のサードブランドが登場!ロ麺ズは横浜・上大岡の人気店『G麺7』が手掛けるサードブランド。メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩バターラーメン、汁なし坦々麺と各味を展開。


九段下の唸るラーメン!いま食べておきたい「八咫烏」の「特撰ラーメン黒」

九段下の唸るラーメン!いま食べておきたい「八咫烏」の「特撰ラーメン黒」

九段下の唸るラーメンは「八咫烏(ヤタガラス)」。ラーメンの奥深さに魅せられた店主が、2年の年月をかけて素材の味を生かした無化調ラーメンを開発。動物系の素材を一切使わず、厳選した数種類の煮干しと枯れ節、昆布、野菜などで取ったダシは、ブイヨンのように澄んだ琥珀色をしていて、見た目や香りからも美味しさが伝わってくる。


要町駅の唸るラーメン、いま食べておきたい「麺処 篠はら」の「醤油そば」

要町駅の唸るラーメン、いま食べておきたい「麺処 篠はら」の「醤油そば」

要町駅の唸るラーメンは「麺処 篠はら(しのはら)」。東十条の人気店『麺処 ほん田』の一番弟子が独立!コンセプトは、「あっさりなのに、食べ応えのあるラーメン」。[アクセス]地下鉄有楽町線要町駅5番出口から徒歩4分


蔵前駅の唸るラーメン、いま食べておきたい「らーめん 改」の「貝塩らーめん 」

蔵前駅の唸るラーメン、いま食べておきたい「らーめん 改」の「貝塩らーめん 」

蔵前駅の唸るラーメンは「らーめん 改(かい)」のラーメン。鮮魚系ラーメンを得意とする『いつ樹グループ』の出身らしく、スープの軸は貝のダシ。らーめん改 都営大江戸線蔵前駅A0出口から徒歩3分


中野駅の唸るラーメン、いま食べておきたい「バラそば屋」の「バラそば」

中野駅の唸るラーメン、いま食べておきたい「バラそば屋」の「バラそば」

中野駅の唸るラーメンは「バラそば屋」のラーメン。川崎の人気つけめん店『玉』グループの5つ目となるブランド。今回の店舗は、グループ初となる塩豚骨ラーメンの専門店バラそば屋で、豚の持つ独特の甘みを引き出した“最後まで飲み干せるスープ”を目指して味作りをしている。


銀座駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「銀座 風見」の「酒粕濃厚そば」

銀座駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「銀座 風見」の「酒粕濃厚そば」

銀座の路地裏の話題の店!白木造りの店構えと軒先まで香る酒粕とダシの香り。店内には一枚板のカウンターが設えてあり、扉を開けてもなおここがラーメン店であることを忘れてしまう。※ランチタイム有


神田駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「マニッシュ」の「塩生姜らー麺」

神田駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「マニッシュ」の「塩生姜らー麺」

コンセプトは「飲んだ次の日に食べてほしいラーメン」。食欲のない日でも箸が進むよう、スープは鶏胴ガラとネギの青い部分のみでシンプルに炊き、脂っこくないすっきりとした味を目指した。


秋葉原駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「らあめん 広」の「らあめん」

秋葉原駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「らあめん 広」の「らあめん」

「本場以上」との呼び声も高い広島ラーメン・広島つけ麺の店が秋葉原に登場!店主の中田浩二さんは、東京・蓮根の人気店『らあめん 元』で店長を務めていた人物。[交]JRほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分 ※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング