MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

いま食べておきたい!唸るラーメンに関するグルメ記事

表示順:
ラーメン×かき氷のスタイルを業界に広めたパイオニア『ねいろ屋』が神保町に出店。瀬戸内界隈の厳選素材で作る無化調ラーメンと自家製シロップのかき氷を提供する。
博多豚骨で使用する麺と同程度の低加水麺でありながら、小麦が香るもちもち、つるつるの極上麺を開発。見目麗しいつけ麺で、その美味しさを魅せる。
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
 カツオが主役の『Bonito Soup Noodle RAIK』に対して、こちらの主役は貝。アサリでひと口目のインパクト、ホンビノスでパンチ、 ハマグリで余韻と、3種の貝で複雑な旨みを演出している。目指すのは“濃い目のおだし”。
ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。
横浜家系 志田家(ラーメン/阿佐ヶ谷)|専務の神田寛之さんは、昨年10月に閉店した伝説の名店『桂家』で最後まで厨房に立っていた人物。人気店『武蔵家』で修業した経歴もあり、東京を代表するふたつの家系ラーメンのいいところを融合させている。
『手打ち式多加水麺 ののくら』|”手打ち麺”の美味しさに魅了された店主が、個性あふれる麺を引っ提げて独立。35%を超えれば「多加水」と呼ばれるラーメン業界で、驚異の55%超えの麺を提供する。
『ソラノイロ Factory&Labo 浅草橋店』は、「圧倒的なボリューム」、「飾り気のない店内」、「呪文のような独特の注文方法」など、女性やビギナーにとっては何かとハードルの高い二郎系ラーメンを、ソラノイロ流にインスパイア。カフェ風のオシャレな店内で出される「ベジ郎」には、その名にふさわしく、旬の野菜がたっぷりのる。
グルメライターが食べ歩いて見つけた、関内のいま食べておきたい唸るラーメン、超・超ロング!二度見必至の驚愕ワンタン麺。信州を拠点に、春日の『魚雷』や『烈士洵名』など全国に展開を進める『ボンド オブ ハーツ』グループが新ブランドをプロデュース。“具と皮の両方が楽しめるワンタン” の専門店をオープンさせた。
グルメライターが食べ歩いて見つけた、松戸のいま食べておきたい、唸るラーメンは「松戸中華そば 富田食堂」のラーメン。つけ麺の名手『とみ田』が手掛ける『富田食堂』が移転リニューアル。グループ初となる淡麗系ラーメンを新たな看板メニューに掲げ、再スタートを切った。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt