MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

かつを肴に呑める店に関するグルメ記事

表示順:
おかずの大定番としてだけでなく、酒の肴にもぴったりなのが「かつ」。サックとした衣はビールを呼び、口中に溢れる肉汁は焼酎やワインにもぴったり。絶品「とんかつ」、「カツ」で呑める東京都内の秀逸店を集めてみました!
更新: 2019-07-29 15:53:39
高円寺エリアにある、とんかつ屋「あげもんや」のグルメ記事と写真のページ。あらゆる揚げ物を取り揃える、揚げ物好きにとってパラダイスな店。店主の寺田さんは築地『豊ちゃん』で約20年経験を積んで独立した、いわば揚げ物道を突き詰めた逸材。あげもんや[交]JR高円寺駅より徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-22 19:39:23
ビール注ぎ名人として知られる松尾光平さんの1杯を味わいに、まだ陽の明るい夕方から多くの人で賑わうビアホール。BIER REISE '98 (ビアライゼ キュウジュウハチ)[交]JR新橋駅日比谷口より徒歩3分、都営三田線内幸町A1出口より徒歩2分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:14
酒場人に愛され続ける銘居酒屋。日本産の酒への造詣が深く、全国の酒蔵(酒の種類を問わず)を訪ね歩く店主・小久保さんが、各地で知り得た食材・料理法を用い、他ではお目にかかれない“味のある”酒肴を供することでも人気を博す。まるしげ 夢葉家 (まるしげ むようや)[交]赤坂駅2番出口より徒歩2分、溜池山王駅徒歩5分
更新: 2017-12-20 15:48:14
約20cmの巨大メンチカツ。目の前に運ばれると、たとえ何度食べていたとしても、思わず歓声が上がる。このメンチカツは必食の人気メニュー。わくい亭の[アクセス]都営浅草線本所吾妻橋駅A0出口より徒歩8分
更新: 2018-09-03 17:14:03
店名に付く冠が“とんかつと魚河岸料理”。ちょっと不思議な取り合わせの理由は、「戦後、魚介が手に入りにくい時に、代わりにとんかつを出したのが始まり」と若主人。田中屋[交]京成本線千住大橋駅より徒歩30秒
更新: 2017-12-20 15:48:14
この人気ビストロの看板メニューは、熟成肉専門店『京都 中勢以』の但馬牛100%を使用した贅沢メンチカツだ。さっくり揚がった衣にフォークを入れれば、ほんのり赤味がかった断面からはキラキラと肉汁が溢れ出す。フーゴー (FOUGAU)[交]丸ノ内線・南北線 後楽園駅6番出口徒歩2分、三田線・大江戸線 春日駅 6番出口徒歩2分
更新: 2017-12-20 15:48:14
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt