MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

ハイボールに関するグルメ記事

表示順:
乗り入れている電車も多く東京の交通網の中心地であり、飲食店が多く立ち並んでいる飯田橋。ここでは、居酒屋を中心に美味しいお酒と料理を堪能できるお店を、厳選してまとめました!ランキング常連の有名店やおしゃれな雰囲気のお店を一挙大公開します!
大阪発のラーメンチェーン『どうとんぼり神座』が東京駅で打ち出すのは本格飲茶を主軸としたスタイル。肉汁が口いっぱいにあふれる小籠包や、プリプリのエビを仕込んだ蒸し餃子など、熟練の職人の手による点心は、どれも専門店顔負けの出来映えだ。
大井町のテキーラ専門バー「Gatito」で扱うのはアガベ(竜舌蘭)100%の正統派テキーラのみ。その数およそ300本。
中野エリアの餃子屋「中野餃子 やまよし」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。ラーメン店に勤めていた「中野餃子 やまよし」の矢部さんは餃子が大好き。美味しい餃子があると聞けば、あちこちに足を運んで食べ歩いていた。
厳選されたマグロを刺身、焼き、煮付け、串、揚げ、丼と、さまざまな食べ方で堪能できる高田馬場の人気店[まぐろんち]の2号店[まぐろんち 高円寺ガード下店]。まぐろ専門店だからこそ実現した「脳天」や「頰肉」も599円という高コスパが魅力だ。[交通アクセス]はJR中央線・総武線高円寺駅北口から徒歩3分
 あるラジオ番組の企画で「東京イチウマいフィッシュ&チップスの店」に選ばれたというソレは、ホントに美味! 白身魚のタラは冷凍を一切使用せず、身がホックホク。
ビルの2階、急な階段を上った先にあるハイボール専門店。看板メニューは超炭酸の角ハイボール400円。
四谷三丁目エリアの串揚げ店「串揚げと煮込み いしやん」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。ひと口食べれば、その軽やかさに目を見張る! そんな串揚げを打ち出すのが『いしやん』だ。
武蔵小山エリアの串かつ店「串かつ どてやき 玄鷹斎」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。今や串揚げ激戦区の武蔵小山で、12年前にいち早く大阪流の串揚げを供する店としてオープン。小麦粉を溶いたバッターには企業秘密を加え、パン粉は極小、揚げ油はコーン油のみとこだわり、本場よりもクリスピーで軽快に仕上げる。
看板は爽やかな氷なしのテキーラハイボール。店主の伊藤さんいわく「軽くてクセがないから、ウイスキーが飲めない人でもテキーラハイボールを飲める人は多い」と言うように、ここに来ればテキーラのイメージが変わる。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt