MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

レモンサワーに関するグルメ記事

表示順:
巣鴨の食堂「巣鴨ときわ食堂」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。巣鴨地蔵通りにて40年以上、「食事は楽しみ。美味しいものを毎日朝昼晩、手頃な価格で」(齊藤徳之代表)という思いが詰まった“食堂”だ。[住所]東京都豊島区巣鴨3-14-20
唐揚げとレモンサワーが名物の店。両者が合わないワケがない!
凍結したノンワックスレモンを丸1個使う、サワーが薄まらない優れもの。お酒は焼酎かウォッカから選べるのもうれしい。
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
生搾りのレモン果汁が入った「生レモン割」(486円)のジャンボサイズが「ジャンレモ」。片手で持つのがやっとのボリューミーな一杯は1ℓサイズだが、軽やかな酸味でグイグイ飲める。
恵比寿でレモンサワーならここ「晩酌屋おじんじょ」。連日の盛況ぶりを誇る居酒屋。手頃な価格、アイデア溢れる料理たちなど理由はいくつもあるが、甘みを加える、香りを添えるなど6つの味を用意したレモンサワーも間違いなくそのひとつだ。[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-2-10 西牧ビル1階 [TEL]03-5784-1775
グルメライターが[恵比寿それがし]を実食レポート。何て麗しいレモンサワーだろう。酸味の爽快さも、心地よい甘みも、果実のフレッシュ感もあり、カクテルのようにバランスいい1杯だ。『恵比寿それがし』の旨さの秘密は自家製レモンシロップ。[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-3-11
グルメライターが恵比寿のお好み焼き店[お好み焼き いまり 恵比寿店]を実食レポート。これぞゴールデンコンビ。『お好み焼き いまり 恵比寿店』の「レモン酎」は焼酎に国産レモンを皮ごと数日、さらに皮を取った実を2週間ほど漬け込んだものを使う甘さナシのスッキリタイプ。[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-3-11
映像居酒屋 ロボ基地(居酒屋/池袋)|基地の入ったビルのエレベーターを降りると、アニメでよく見かける司令部につながるような重厚なドア。ドアまでの通路には、店内で映像が楽しめる18作品のアニメの名場面や設定画が飾られ、それだけでテンションが上がる。この時点でアニメファンとしては大満足かも。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt