MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

餃子に関するグルメ記事

表示順:
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
しょんべん横丁にあった「トンキ」は、火災から見事復活。名物の焼きとんがなくなったが、もう一つの名物、餃子は今も健在だ。 「ギョウザ」(300円)はにんにく抜き。パンチがないと思いきや、ニラで十分の風味があって実に優しい味わいだ……。
昔からミナミの“遊び人”によく知られている日宝ファインビル。バーや小料理屋など、このビルで経営するオーナーは実に個性的だったりする。そんななか、餃子専門店「イチロー心斎橋店」は、中国語なまりの関西弁を話す女将の翁麗芳(オウレイホウ)さんが1人で切り盛り。深夜になると満席で入れなくなる、有名店なんや!
吉祥寺の餃子って、ジャンボ餃子が主流な気がする。土日祝は開店前から行列している中道通りのラーメン屋『 I 』の餃子とか、すごいデカいし。 でもさー、私、餃子はライスに合わせたい人間なのよ。米が好きだからね! そうなるとジャンボ餃子系は、ちょっと厳しいワケ……。
五反田の火鍋専門店[ファイヤーホール4000]のグルメ記事と写真のページ。この迫力あるビジュルですでに説明は不要! すぐにでも食べたい魅惑の火鍋だ。[住所]東京都品川区東五反田1-25-19 [TEL]03-6450-3384
大阪はキタの中通りにある四川・餃子バル「PAO²(パオパオ)」は、バル業界に旋風を起こそうと刺客を送り込んできた! 来日して20年以上という、中国は四川出身の中国人シェフをヘッドハンティング。最強の助っ人とともに、今や、キタで話題を呼ぶお店となったのだ……。
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
東京駅周辺エリア八重洲のハマグリ専門店「焼きはまぐりSTAND」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。お通しもハマグリ、メニューもほぼハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし。[住所]東京都中央区八重洲1-7-7
おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt