MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

生ガキに関するグルメ記事

表示順:
「アメ横の“安かろう・悪かろう”というイメージを、いい意味で裏切りたいんです」と言う店主の大橋磨州さん。自ら網元などへ足を運んで交渉し、漁師が自信をもって獲った魚を漁師の言い値で仕入れている。だからこそ朝獲れの最高の素材がいただける、漁師も客も喜ぶ仕組みを作り上げた。
恵比寿に本店をもつ海鮮居酒屋の2号店。「痛風鍋」は店で丁寧に仕込んだあん肝、看板メニューでイチオシのカキ、クリーミーでプリプリの白子、大きな赤エビやイカなどがたっぷりと入ったインパクト十分な鍋。海鮮の旨みが溶け込んだ超ボリューム鍋!
[中目黒 牡蠣入レ時]のおすすめ牡蠣メニューのグルメ記事と写真。カキの魅力を改めて再認識させてくれる店だ。特に「焼き牡蠣」はシンプルだが実に旨い。今にもはち切れんばかりにぷっくりとした見た目もさることながら、噛めば口の中にほとばしるエキスは感涙もの。[交]東急東横線ほか中目黒駅 正面口から徒歩1分
何と言っても無化調で、カキをたっぷり使い旨みを凝縮して抽出したというスープがスゴイ。一杯換算で8個くらいは使ってる、という贅沢。麺や 佐市[交]JR総武線錦糸町駅北口から徒歩2分※ランチタイム有
基本の3串とサラダ、本日のブルスケッタ2種が揃って1300円とリーズナブルな晩酌コース、ここに赤白3種ずつあるグラスワインを合わせてまずは一杯。好みでそれに追加していくなんて使い方もおすすめ。※ランチタイム有
大流行中のクラフトビールだが、少々値が張るイメージがないだろうか。しかし、この店ではそんな心配は無用。「ビールの多様性をもっと気軽に知ってほしい」と、レギュラーが390円、ラージが690円と破格値で提供している。 IBREW WIRED (アイブリューワイアード)[交]JRほか有楽町駅京橋口から徒歩6分※ランチタイム有
有楽町の中華店「中国料理 小花 (チュウゴクリョウリコハナ)」の牡蠣そばのグルメ取材記事と写真。片栗粉にコーティングされたカキは旨みがぎゅっと閉じ込められていて、味が濃く、たっぷりカキを堪能できる一杯![交]有楽町駅国際フォーラム口から徒歩2分
築地の居酒屋「地下の粋」の店舗情報。築地仲卸厳選! カキに旬ありだ!
マルショウ アリク[交]東急世田谷線松陰神社前駅から徒歩1分
都内で人気のオイスターバーが2015年11月に銀座にオープン。常時10種類以上が並ぶ産地直送の生ガキはもちろん、本格イタリアンにアレンジにしたカキ料理が多彩に揃っている。オイスターバー&ワイン BELON 銀座店[交]地下鉄丸ノ内線ほか銀座駅 C8出口から 徒歩3分 ※ランチタイム有
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt