東京駅の三ツ星店に関するグルメ記事


恵比寿の人気店『猿田彦珈琲』が焙煎|STANDBY TOKYO(珈琲店/東京駅)

恵比寿の人気店『猿田彦珈琲』が焙煎|STANDBY TOKYO(珈琲店/東京駅)

トラベル雑貨やオリジナル土産と共にコーヒーを販売。恵比寿の人気店『猿田彦珈琲』が焙煎したオリジナルブレンドの香りが店外まで漂ってくる。※ランチタイム有


朝メニュー、一番人気が「鯛胡麻だれ」|築地寿司清(寿司/東京駅)

朝メニュー、一番人気が「鯛胡麻だれ」|築地寿司清(寿司/東京駅)

朝メニューで一番人気なのがこの「鯛胡麻だれ」。炊きたてのツヤツヤご飯とともに提供されるのは、濃厚で香り高い胡麻ダレをまとった美しい真鯛。※ランチタイム有


DEAN & DELUCA(珈琲店/東京駅)|食のセレクトショップ併設のエスプレッソバー。

DEAN & DELUCA(珈琲店/東京駅)|食のセレクトショップ併設のエスプレッソバー。

食のセレクトショップ『DEAN & DELUCA』併設のエスプレッソバー。ブレンドひとつとっても、まろやかなものとコクのあるものと、ふたつの味わいから選べる。※ランチタイム有


果実園(喫茶店/東京駅)|「朝の果物は金」社長自らが毎朝市場へ足を運ぶこだわり

果実園(喫茶店/東京駅)|「朝の果物は金」社長自らが毎朝市場へ足を運ぶこだわり

「朝の果物は金」というが、特に冬場はビタミンを欲するのでは。社長自らが毎朝市場へ足を運び、旬を感じながら“良い素材”を入荷することにこだわり、極力たっぷりと盛ることが同店のモットー。※ランチタイム有


BURDIGALA EXPRESS(珈琲店/東京駅)|コーヒーは酸味と苦みのバランスが良い

BURDIGALA EXPRESS(珈琲店/東京駅)|コーヒーは酸味と苦みのバランスが良い

ハード系の欧州スタイルの食事パンやクロワッサンなどに定評があるブーランジュリーでドリンクも販売。コーヒーは酸味と苦みのバランスが良い、スッキリとした後口のタイプ。※ランチタイム有


東京駅で一番の行列を作るお店の朝限定麺|六厘舎(つけ麺/東京駅)

東京駅で一番の行列を作るお店の朝限定麺|六厘舎(つけ麺/東京駅)

東京駅で一番の行列を作ると言っても過言ではない店の朝限定麺が2016年12月にリニューアル。「食べて健康になってほしい」と、このメニューのために、糖質・カロリーをおよそ15%カットし、ふすま胚乳を練り込み、食物繊維含有量を4倍以上に増やした麺を1年がかりで開発。※ランチタイム有


数ある利久の中でも数少ない朝食提供店|仙臺たんや 利久(牛タン/東京駅)

数ある利久の中でも数少ない朝食提供店|仙臺たんや 利久(牛タン/東京駅)

数ある利久の中でも朝食を実施しているのは、ここと大宮店のみ。テールスープをベースに作られたおじやは、ほっとするやさしい味わい。※ランチタイム有


手土産の定番、YOKUMOKU直営のティールーム|YOKUMOKU(カフェ/東京駅)

手土産の定番、YOKUMOKU直営のティールーム|YOKUMOKU(カフェ/東京駅)

手土産の定番、YOKUMOKU直営のティールームが、八重洲地下中央改札口前に。周囲の喧噪から離れ、ゆっくり時間を過ごすことができる。※ランチタイム有


富山湾の宝石!白エビを使う、絶品白えび刺身丼|白えび亭(海鮮料理/東京駅)

富山湾の宝石!白エビを使う、絶品白えび刺身丼|白えび亭(海鮮料理/東京駅)

繊細な味わいとやさしい甘みが特長の白エビが、抜群の鮮度でいただける。本店は富山駅前にあり、2016年11月にオープンしたこの東京駅店は白エビの美味しさを伝える旗艦店としての役割。※ランチタイム有


デンマーク出身の料理研究家監修のカフェ|マダム・ブロ(カフェ/東京駅)

デンマーク出身の料理研究家監修のカフェ|マダム・ブロ(カフェ/東京駅)

デンマーク出身の料理研究家イェンス・イェンセン氏監修のカフェ。店内は広く、ゆっくりくつろげる。※ランチタイム有


厳選国産牛と黒毛和牛の100%のハンバーグ|HAMBURG WORKS(ハンバーグ/東京駅)

厳選国産牛と黒毛和牛の100%のハンバーグ|HAMBURG WORKS(ハンバーグ/東京駅)

厳選国産牛と黒毛和牛のA4・A5のみを使った牛肉100%のハンバーグ。ジューシーなのに脂がくどくないのはモモがメインだから。※ランチタイム有


奈良に本店を構える和菓子店のカフェ。|奈良 天平庵(カフェ/東京駅)

奈良に本店を構える和菓子店のカフェ。|奈良 天平庵(カフェ/東京駅)

奈良に本店を構える和菓子店のカフェ。静かな雰囲気でほっとひと息付ける。※ランチタイム有


看板メニューは、なんといってもあんみつ。|みはし(カフェ/東京駅)

看板メニューは、なんといってもあんみつ。|みはし(カフェ/東京駅)

本店は昭和23年創業の老舗。ここの看板メニューは、なんといってもあんみつ。※ランチタイム有


釜でピカピカに炊き上げたご飯はおかわり自由|米どころん(和食/東京駅)

釜でピカピカに炊き上げたご飯はおかわり自由|米どころん(和食/東京駅)

家庭的な温かさが魅力の定食を豊富に揃える。新潟のスーパーを母体とし、自社で展開する循環型農業により作られた特別栽培米を使い、釜でピカピカに炊き上げたご飯はおかわり自由。※ランチタイム有


数量限定、売り切れ注意!心が躍るとんテキ定食|栄司(もつ鍋/東京駅)

数量限定、売り切れ注意!心が躍るとんテキ定食|栄司(もつ鍋/東京駅)

豚肩ロースは、低温調理で手間をかけて作られているのでとても柔らか。オーダー後に表面をカリッと焼き上げ、熱々の鉄板で出される様には心が躍るはず。※ランチタイム有


ACORN|洋食のいいとこ取り!ジャンルにこだわらず美味しいものを(洋食/東京)

ACORN|洋食のいいとこ取り!ジャンルにこだわらず美味しいものを(洋食/東京)

 国内外から厳選したハム・チーズ・カキをメインに、ワインや地ビールを堪能できる。シェフはフレンチ出身で、旬を意識しつつも、格式にとらわれず「美味しい」と思った食材やトレンドを取り入れ、様々な種類のジャムやハチミツを20種類と豊富に揃えるチーズに合わせ提案するなど、客が能動的に楽しめる仕掛けを用意。 ※ランチタイム有


イタリアンバール OTTO|行きつけにしたいイタリアンバールでスマートに一杯(イタリアン/東京)

イタリアンバール OTTO|行きつけにしたいイタリアンバールでスマートに一杯(イタリアン/東京)

 止まり木のような気軽さと居心地の良さを伴っているのがこの店。席間がそれほど広くないため、スタッフは客同士でも会話できるような気さくな雰囲気を意識しているという。 ※ランチタイム有


山形酒菜一|山形を代表する日本酒と酒菜で一献傾ける(郷土料理/東京)

山形酒菜一|山形を代表する日本酒と酒菜で一献傾ける(郷土料理/東京)

「東京で食べる山形」をコンセプトに、食材の約8割を山形から直送。山形駅前にある本店は料亭レベルの料理を出すと評判で、接待などでも使われる和食店だ。 ※ランチタイム有


Tokyo Beer Paradise by Primus|ベルギービールとガッツリ料理でサクッと一杯(ビアバー/東京)

Tokyo Beer Paradise by Primus|ベルギービールとガッツリ料理でサクッと一杯(ビアバー/東京)

「ベルギービールは、日本のビールとは種類の豊富さや度数、味わいや風味もまったくの別物。既成概念を捨てて楽しんでください」と言うのは、ベルギーのブラッスリーでの修業経験をもち、ベルギービールのプロフェッショナルでもあるシェフの小林基正さん。 ※ランチタイム有


Drip Mania(珈琲店/東京) ※閉店

Drip Mania(珈琲店/東京) ※閉店

注文後に一杯ずつ丁寧にハンドドリップで淹れられるコーヒー。写真の品は高額だが、最初に甘み、その後苦みと酸味が絡み合うようにふんわり現れ、感動ものだった。※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング