あったか温蕎麦百景に関するグルメ記事


ほっこりじんわり、沁みる味わい あったか温蕎麦百景(そば/東京)

ほっこりじんわり、沁みる味わい あったか温蕎麦百景(そば/東京)

冬の蕎麦の楽しみは、なんといっても”あったか~”な温蕎麦。せいろのようなストイックな世界観とはまた違う、さまざまな冬の美味を味わえる種もの蕎麦を、たっぷりご紹介します。


お蕎麦の しらかめ|柚子の香りが芳しい淡雪のごとく優しい山かけ(そば/経堂)

お蕎麦の しらかめ|柚子の香りが芳しい淡雪のごとく優しい山かけ(そば/経堂)

「近所の人が気軽に来られる店でありたい」というご主人の広沢伸彦さん。どこかカフェを思わせるかわいらしいお店は、女性ひとりでも入りやすく、なによりありがたいのは昼と夜の間も休みなしで営業すること。


手打蕎麦処 紫仙庵|風情ある古民家でしっぽり味わうはんぺん蕎麦(そば/武蔵小山)

手打蕎麦処 紫仙庵|風情ある古民家でしっぽり味わうはんぺん蕎麦(そば/武蔵小山)

 築65年余という古民家で、ゆったり蕎麦と日本酒を味わえる『紫仙庵』。駅から散歩気分で歩いてくれば、情緒ある門構えの一軒家が迎えてくれる。


蕎麦切 森の|とろり葛あんにかぶらの甘みがほどけるほどに旨い(そば/本郷三丁目)

蕎麦切 森の|とろり葛あんにかぶらの甘みがほどけるほどに旨い(そば/本郷三丁目)

 ご主人の森野さんは「蕎麦は熱いか、冷たいかのどちらかがいい」ときっぱり。だからあえてつけ蕎麦はやらないが、その分だけ温かい蕎麦に思い入れが深い。


松翁(そば/神保町)|滋味あふれるスープとたっぷりの根菜に体も心もほどける

松翁(そば/神保町)|滋味あふれるスープとたっぷりの根菜に体も心もほどける

 松翁は研鑽を重ねた極上の天ぷらで有名だが、ご主人・小野寺さんは天ぷら以外にもとにかく研究熱心。その心意気が表れた温かい蕎麦の名品が「けんちんそば」だ。


玉笑(そば/神宮前)|ふわふわの卵が蕎麦をしとやかに包む江戸伝統の卵とじ

玉笑(そば/神宮前)|ふわふわの卵が蕎麦をしとやかに包む江戸伝統の卵とじ

 江戸時代は高級であった「玉子とじそば」だが、最近のモダンな蕎麦屋ではおかないところも多い。玉笑のご主人の浦川さんは「ならば自分がやろう」と敢えてこのメニューをオンリストした。


石挽き手打 蕎楽亭|ぽってりミルキーな白子の天ぷらと洗練のかけそば(そば/神楽坂)

石挽き手打 蕎楽亭|ぽってりミルキーな白子の天ぷらと洗練のかけそば(そば/神楽坂)

 ここでは、天ぷら蕎麦は天ぷらが別添えで登場する。季節の天ぷらが人気の『蕎楽亭』らしい粋な計らいだ。


手打ち蕎麦 じゆうさん|温かい蕎麦の名作は じゅわっと旨いお揚げが天晴(そば/新江古田)

手打ち蕎麦 じゆうさん|温かい蕎麦の名作は じゅわっと旨いお揚げが天晴(そば/新江古田)

 キリッとした蕎麦にも、手抜きのない蕎麦前にも、真摯な仕事ぶりが伺える『じゆうさん』。蕎麦好きにはつとに有名だが、意外と知られていない名物が「おあげそば」だ。


江戸蕎麦 ほそ川|この時期だけのお楽しみ 牡蠣の海のエキスがほとばしる(そば/両国)

江戸蕎麦 ほそ川|この時期だけのお楽しみ 牡蠣の海のエキスがほとばしる(そば/両国)

『ほそ川』の冬の風物詩といえば「かき蕎麦」である。ふくよかなダシの香りが立ち上る、澄んだかけつゆの上に丸々太った牡蠣がつやつやと輝いている。


ランキング


>>総合人気ランキング