MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

猪に関するグルメ記事

表示順:
人形町エリアの「獣肉と酒 ぼんくら」の「島根の猪と秋田のせり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。日本では古くから獣肉を食べる文化がある。そんな山の幸を「もっと身近に味わって欲しい」と店主は気軽な居酒屋スタイルを貫く。
更新: 2018-09-21 15:57:31
自慢のワインはボトル200種類以上、グラスも約15種類という品揃え。グラスだけでなく、デカンタにも3種セット(6600円)があるのがユニークだ。
更新: 2017-12-20 15:47:52
店内で目を惹くドライエイジングの熟成庫に猪、雉、鹿などの肉が眠り、出番を待つ。そうして仕上げたベストな状態のジビエ肉がフレンチベースの調理法で供される。
更新: 2017-12-20 15:47:52
ジビエを軽くつまみながらワインを飲むのに最適で、料理も本格的。上品な味わいの鹿挽き肉に甘酸っぱいカシスソースを合わせた「蝦夷鹿のパイ包み」はビストロ料理と見紛う完成度の高さで、華やかな赤ワインと相性抜群だ。
更新: 2017-12-20 15:47:52
七輪でジビエを気軽に焼くスタイルが評判の『罠』5店舗目として7月22日にオープン。全国から仕入れる質の高いジビエは徹底した下処理がなされ、野趣溢れる味はそのまま、臭みやイヤな後味がない驚きの美味しさだ。
更新: 2017-12-20 15:47:52
御年70歳の現役ハンターがひとりで切り盛りする。メニューに並ぶのは猪の焼き肉をはじめ、鹿のシチュー、真鴨や雉の串焼き、ステーキなど、店名通り“猪鹿鳥”のフルラインナップ。
更新: 2018-08-30 16:51:44
ジビエ好きのみならず、少し苦手な人もこの店の味を試せばその食べやすさに驚くかもしれない。と言うのも国産のキジ、鹿、猪、ウサギなど冷凍ものを一切使用しない品質の良さはもちろん、それらをフレンチ出身のシェフがあらゆる調理法で提供してくれるから。[交]地下鉄日比谷線茅場町駅2番出口から徒歩3分
更新: 2017-12-20 15:48:08
「にほん酒や」の店主である高谷さんの料理には驚かされる。メニューは素材ありきで日替わりだが、魚も肉も野菜も、日本酒に合わせるひとひねりがなんとも秀逸なのだ。地方から日本酒好きが多く訪れるのも、そんな酒と料理のバランスの妙にある。[交]JR中央線ほか吉祥寺駅北口から徒歩5分 ※土・日・祝ランチタイム有
更新: 2017-09-04 11:47:32
「山くじら すき焼 ももんじや」は1718(享保3)年創業の山くじら(猪肉)料理の専門店。 [交]総武線両国駅西口から徒歩5分 ※ランチタイムあり
更新: 2017-12-20 15:48:08
「きのこの里 鈴加園」は昭和44年に秩父の観光農園育成事業の一環として開かれた、レジャー施設の中核となる食事処。秩父で捕獲した鹿や猪、熊などの獣肉、地野菜やきのこを秩父に伝わる石器焼きで油を使わずに焼きあげる。[アクセス]秩父鉄道武州日野駅から徒歩20分。送迎あり(要連絡)
更新: 2018-09-12 13:10:54
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt