MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

男のひとりめしに関するグルメ記事

表示順:
今日はふらり気ままに、男のひとりめし。とは言いながら、いざどこに向かえば、ほどよく居心地のいい、味な店に出合えるのか。そんな、ただ旨いだけを追い求めるのではない、ひとりめし時間の醍醐味に浸れる店を、編集部が都内で厳選してご紹介。 メニュー、居心地、店主のキャラ……ひとりめしの楽しさ、お伝えします
更新: 2018-08-30 15:13:30
今日はふらり気ままに、男のひとりめし。とは言いながら、いざどこに向かえば、ほどよく居心地のいい、味な店に出合えるのか。そんな、ただ旨いだけを追い求めるのではない、ひとりめし時間の醍醐味に浸れる店を、編集部が都内で厳選してご紹介。 メニュー、居心地、店主のキャラ……ひとりめしの楽しさ、お伝えします。
更新: 2018-02-08 18:01:45
グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗の「大槻」でカウンターでゆっくり落ち着いてひとりめし。メニューやお酒はその日の気分で選びたいし、できれば美味しいところを少しずつ……なんてワガママが可能なのがここ『大槻』。いわば、普段着のひとりめし用個人的特等席として使いたい。
更新: 2018-08-30 15:21:37
グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。イタリアでの修業経験もある代々木上原「オトナノイザカヤ中戸川」の店主、中戸川さんのパスタが絶品。各料理がワインにも日本酒にもクロスオーバーして合う。
更新: 2018-08-30 15:21:07
おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。大衆演劇の聖地・浅草六区にて創業60年以上、昭和の雰囲気も懐かしいザ・定食屋が「浅草 水口食堂」である。壁一面に並ぶお品書きの札を見ながら、やおら本日の飯の作戦を練るのが至福である。いわゆる“定食屋メニュー”をコンプリートせんとばかりに並ぶメニューは100種類以上。
更新: 2018-08-30 15:19:28
グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗。ひとりめしの王道、立ち食い蕎麦をすする時、少々料金が上がってもより蕎麦らしい蕎麦を食べたいと思うことはないだろうか?その願いが叶う店が「à la 麓屋 (あら ふもとや)」だ。石挽き蕎麦は香り高く、コシ、のど越し共に秀逸。
更新: 2018-08-30 15:20:59
グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「つるやVINO」。今宵はフレンチが食したい。かといって肩肘張らず、ひとりでリラックスして……と、そんな時はこちらに向かう。四谷は荒木町の隠れ家的ビストロ、『つるやVINO』だ。[交]四谷三丁目駅4番出口から徒歩3分
更新: 2018-08-30 15:23:22
グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「鶴兆」。焼く前から、その輝く肉質を見ただけで「旨い!」と声が出そうになるレベルの肉をはじめとするメニュー。加えて、13種に及ぶベルギービールをも擁するアルコール類の充実。[交]東京メトロ四谷三丁目駅から徒歩1分
更新: 2018-08-30 15:25:12
高円寺をグルメライターが食べ歩いて見つけた「天すけ」!高円寺で結構な行列店だが、ここは辛抱して並びたい。回転が速いため、思いのほか早く入店できる。[アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩3分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-05 12:34:21
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt