MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

名古屋に関するグルメ記事

表示順:
名古屋で「うなぎ料理」、と聞いて何を想像するだろうか? うな丼やうな重? それともひつまぶし?  今回紹介する『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。それが「うなぎの炊き込みご飯」だ……。
更新: 2019-05-16 16:05:00
東京駅の[玉丁本店]の名物はもちろん本場の味を堪能できる味噌煮込みうどん。グツグツと音を立てる土鍋の中から現れるのは、厳選された小麦粉を水のみで打ち上げた自慢の極太麺だ。
更新: 2018-09-21 16:08:30
 カウンターのショーケースに並ぶ食材を調理してくれる“イタリアン割烹”として、2017年4月に開店。夜はコース「Cena A」(5500円)が評判。
更新: 2018-03-20 18:00:00
2017年3月、名古屋市西区の円頓寺商店街から一本入った場所に開店。メニューは、旬の食材を使った御造や煮物、蒸物など料理8品と食事、甘味の「おまかせ」(7344円)のみ。
更新: 2018-03-19 22:00:00
 鶏肉を使ったすき焼き「ひきずり鍋」が名物。鶏肉は地元の奥三河鶏をはじめ、全国から厳選。
更新: 2018-03-24 13:50:00
創業は明治40年。名古屋屈指の老舗居酒屋がここ。一枚板の大きなテーブルでは、相席した客同士が意気投合し、盃を傾け合うことも珍しくはないという。大甚 本店(居酒屋/伏見)
更新: 2018-03-01 08:59:01
ひつまぶしの有名店が建ち並ぶ名古屋駅前にオープン。大サイズの国産鰻にこだわり、時季ごとに産地を厳選して仕入れている。ひつまぶし う家 名駅店(うなぎ/名古屋)
更新: 2018-02-21 12:00:00
昭和2年創業の老舗麺食堂。自慢の手打ち麺は透けるほど薄く、箸で持ち上げても切れないほど弾力がある。総本家 えびすや 本店(うどん/錦)
更新: 2018-02-21 08:00:00
名古屋駅周辺の喫茶店はドリンク代に追加料金を払うモーニングセットが主流。しかし、ここはドリンク代(コーヒーの場合は380円)のみでOK。cafeTAKATORI(カフェ/名古屋)
更新: 2018-02-26 18:45:28
マグロやウニ、イクラなど一部を除いて寿司ネタの大半は三河湾産の魚介を使っている。それらの旨みを引き出しているのが、店主・釘宮さんが研究に研究を重ねたシャリだ。Sushi Dining Kugi(寿司/錦)
更新: 2018-02-20 22:00:00
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt