MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

ビブグルマンに関するグルメ記事

表示順:
銀座エリアで絶対に外せないラーメンを、グルメライターが徹底調査!ランキング常連、ミシュランのビブグルマン獲得、昭和創業の老舗など、都内でも指折りの人気店が集中していることが判明しました!知っておきたい情報を分かりやすくお届けしていきます♪
都内でも指折りの人気ラーメン店に成長した。看板メニューは「鶏白湯SOBA」「煮干醤油SOBA」※ランチタイム有
ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。
おとなの週末「今夜、銀座のバーで……」特集掲載店舗。立ち呑みには簡単なつまみがつきものという固定概念を打ち砕く立ち呑み割烹。「ミシュランガイド東京2015」のビブグルマン部門に選出された
ビブグルマンに2年連続で掲載された、東銀座の立ち飲み『三ぶん』が、着席スタイルの『離亭』をオープンした。こちらのランチメニューは「りゅうきゅう丼御膳」の1本勝負。
世界が認めた味を再調査!「ミシュランガイド2016」のなかにビブグルマンとして多くの店が選ばれている。しかし、ラーメンや餃子、カレーなど日本の庶民の味をどれくらい評価できているのか。世界の舌の実力を知るべく「おとなの週末」取材班が再調査!
「創作麺工房 鳴龍(なきりゅう)」の人気は自家製の芝麻醤とラー油が豊かに香る「担担麺」だ。担々麺の概念をくつがえす、上品かつマイルドな味わいを堪能したい。店内にある製麺機で打ち上げる自家製麺は、醤油味、つけ麺など、それぞれのスープに合わせて使い分けている。[交]JR山手線大塚駅(南口)より徒歩6分 ※ランチタイム有
「丹想庵 健次郎」は観音堂裏に店を構えて6年。店名の“丹想庵”は、店主の鈴木健次郎さんが修業を積んだ蕎麦の名産地・山形県天童市の蕎麦打ち寺から命名されたもの。ミシュランガイドのビブグルマンとしても選ばれている。[交]地下鉄銀座線浅草駅1番出口から徒歩10分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩6分 ※ランチタイム有
 日本料理店のような内観、ビジュアルも優れた料理の数々。大阪の「串カツ」ならぬ雰囲気を持つこちらは、2016年度のビブグルマンにも輝いている。
料理家・按田優子さんが2012年に開いた店。名物は茶色い皮をまとった水餃子だ。生地には殻付全粒ハト麦を遠赤外線焙煎した粉を練り込んでおり、香ばしい風味もさることながら健康や美容にも気づかっている。按田餃子(あんだぎょうざ)代々木上原駅西口、徒歩3分 ※ランチタイム有
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt