MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

水餃子に関するグルメ記事

表示順:
「しっかり味がついてるので、最初は何もつけなくてもOK」という餃子は、ニンニクがちゃんと利いて、野菜がたっぷり。しっかりパンチを感じさせながら、噛み締めればニラ、ネギ、そしてキャベツの甘みも感じる。
更新: 2019-06-18 14:57:25
中野エリアの餃子屋「中野餃子 やまよし」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。ラーメン店に勤めていた「中野餃子 やまよし」の矢部さんは餃子が大好き。美味しい餃子があると聞けば、あちこちに足を運んで食べ歩いていた。
更新: 2019-06-18 14:52:33
「哈爾濱餃子 (ハルビンギョウザ)」の笑顔が優しいご夫婦は餃子が美味しい中国東北部の出身。ここでは現地で味わうような手作りの水餃子と日本人好みの焼き餃子の両方が味わえる。
更新: 2019-06-18 14:54:00
季節を問わず食べたくなるグルメといえば「餃子」!ここではライターが実際に食べ歩いて見つけた東京都内の有名店の中から、イチオシをピックアップ。老舗の定番の味から、新たなブームになりそうな変り種までを一挙公開します!
更新: 2019-06-18 15:50:42
「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。
更新: 2019-06-17 11:27:25
「原点は母の味」とは店主の利根川さん。友人にふるまっていた故郷の餃子が評判を呼び、店を始めて約20年。
更新: 2018-06-12 14:09:31
「クレイジー餃子」は2017年3月に金町にオープンした満州族の料理を提供する中華料理店。余分な油を使わず、素材の持ち味を引き出すことを重視した、やさしめの味付けが特徴だ。店名の「クレイジー餃子」は、豚肉ベースの餡にエビ1尾丸ごととアスパラを入れた羽根付き餃子にナチュラルチーズをのせて炙った傑作。
更新: 2019-06-17 11:46:04
 創業30年以上を誇る、蒲田『歓迎』の直営店が2017年6月、大森にもオープン。他店舗との違いは、ひと皿ごとのポーションを少なくして、少人数でも入りやすくしたことだ。
更新: 2019-07-17 15:36:34
池尻大橋の「池尻餃子.」はカフェのような洒落た雰囲気の店だが、餃子に取り組む姿勢は意外なほどストイック。「名物あおば餃子」は、赤身と脂が7対3くらいで旨みが強めの豚肉をたっぷりと使用し、野菜はニラのみ。
更新: 2019-06-17 11:59:47
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt