MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

東京レモンサワー酒場の三ツ星店に関するグルメ記事

表示順:
そもそもレモンサワーは、程よい酸味と炭酸の軽やかな口当たりで、ジャンルを問わずあらゆる料理に合うことで知られているが、さらに一歩に踏み込んで、“うちの料理に合うレモンサワー”を提供している店がある。
更新: 2018-02-18 20:03:00
レモンサワーといえば、かつては甲類焼酎で割るものと相場が決まっていたが、近頃はその枠がはるかに広がって、多彩な進化を遂げている。お酒にこだわる進化したうまさが楽しめる東京のお店!
更新: 2018-03-10 08:22:16
レモンサワーの中心はもちろんレモン。進化の過程でこだわりは当然レモンそのものに至る。ワックスたっぷりじゃ、やっぱイヤでしょ?ノーワックスで無農薬や減農薬、皮まで食べられる国産レモンをセレクトする店も増えている。東京都内の厳選店舗を紹介!
更新: 2018-02-22 08:50:17
いまや百花繚乱、さまざまなこだわりで広がりを見せ、人気もさらに急上昇のレモンサワー。名店と言われる店も数多いが、中でもそのコアとなるスタイルを確立し、レモンサワーの旨さを世に知らしめたのがこちら。レモンサワー好きなら一度は訪れるべき“聖地”ともいうべき3店だ!
更新: 2018-05-03 07:01:06
五反田のスナックが建ち並ぶディープなビルに、2015年にオープン。8席という小スペースながら、店主・戸高さんの生み出すユニークな料理が話題となり、人気店に。
更新: 2019-10-01 13:18:57
日本酒やワインへのこだわりで有名な同店で、陰ながら安定した支持を得ている「焼酎レモン割り」。麦焼酎の「中々」に、レモン果汁、ソーダ、トニックを加え、静かにステアして作る柔らかな口当たりが特徴だ。
更新: 2019-03-26 12:09:43
 麻布十番の「ナポレオンフィッシュ」で名を馳せた小山内シェフが、マニアック度をさらに増した中国料理を提供。4ヶ月ごとに中国各地を食べ歩き、舌と足で学び取ったローカル&ディープな料理を日本で再現している。
更新: 2018-02-09 08:00:00
 奥行きのある心地いいカフェのような空間で、メニューには南インド風のカレーやサバサンド、ベトナムのフォーなど、スパイスの利いたエスニック料理の数々が並ぶ。そんなスパイシーな料理によく合うと人気なのが「塩レモンサワー」。
更新: 2018-02-08 22:00:00
[もつ吉 西荻窪店]人気の「スーパーレモンサワー」には、広島の完全無農薬栽培のパイオニア、岡本さんの“太陽のレモン”が使われている。皮ごと食べられるのはもちろん、糖度が高くて酸味が強すぎず、清々しい果実感。[交通アクセス]JR中央線西荻窪駅南口から徒歩2分
更新: 2018-09-17 11:29:36
 朝締めの新鮮なモツの炭火焼きをメインに、こだわりの食材を使った多彩なメニューで人気を博す1軒。若い女性が気軽に通える雰囲気も魅力で、進化した“ネオやきとん店”と言えるだろうか。
更新: 2018-02-08 18:00:00
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt