MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

大阪メシに関するグルメ記事

表示順:
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
愛くるしい笑顔とたどたどしい日本語が彼の人柄をすべてを表していた。 アメ村にある「ウブドスチ」はインドネシア、バリ島をルーツに持つ料理店。 このお店を切り盛りするニョマンはマネージャーで、常に笑顔で愛嬌いっぱい(笑)。 しかも、酒好きときた!
更新: 2019-03-07 16:05:00
もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。
更新: 2019-02-15 16:10:00
十三の西口にある海鮮居酒屋『9689食堂』の店主は、約5年前に専業主婦から転身。 「中央市場の知り合いから直接魚を買っているんで安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」 朝の11時オープン。カウンターの8席というこぢんまりとしたお店は、昼から満席になることも多いのだ……。
更新: 2019-02-06 16:05:00
笑い声がこだまするギュウギュウ詰めの店内では、夕刻が近づくと一人客が次々とやって来る。 西成にあるホルモン「マルフク」はホルモンが1人前140円という安さ。夕食のおかずに持ち帰る人がいるのだ……。
更新: 2019-01-25 16:10:00
父親が先代から店を引き継いで47年になります。こちらの八宝菜も、僕の記憶の限りでは値段は随分と変わってません」 こう話すのは、新世界にある『酒の穴』の店長。 ここは、西成で働く自由労働者たちに大人気の有名店だ……。
更新: 2019-01-17 16:00:00
ヘルシー志向の昨今。2005年に大流行した羊肉が再び注目されているという。 ダイエットに適した食材ともいわれるものの、羊肉の臭みが苦手という人もいる。だが、心斎橋でオープンしたばかりの『ラム肉家398』は、ジンギスカンで提供する羊肉が生肉。臭みが少なくて、どれだけでも食べれてしまうんや……!
更新: 2019-01-09 16:15:00
東三国駅から東方向に徒歩数分。入り組んだ路地裏で、旧家を感じる佇まいは現代アートのような店構えの、宮城県で有名な十割そばの名店「松吟庵」と出会った……。
更新: 2018-09-03 10:55:42
新大阪駅から足を伸ばすこと徒歩20分。阪急三国駅界隈は、下町っぽさを残す、大阪でも未開拓エリア。近年はマンション建設が大幅に増えたことで、町が一気に様変わりし始めているが、まだまだ昔の情緒を残す居酒屋も少なくない。そんなエリアで、旨いオムライスと出会った……。
更新: 2018-08-16 08:20:00
東京から大阪出張で「頭を悩ませる」と相談されるのが、新大阪駅界隈の飲食店探しである。新大阪の南方にある西中島まで足を伸ばして、この界隈を拠点とする出張客は実に多いが、最近の“ツウ”は北口方面。いわゆる新大阪から東三国までの間でなじみの料理屋を見つけているんや……。
更新: 2018-08-06 08:20:00
おとなの週末