MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

天丼に関するグルメ記事

表示順:
丸の内、東京駅周辺でランチの狙い目は、平日限定10食の大海老天重。66年前の創業時から継ぎ足して作られているというタレが格別なのだ。「菊亭」の[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅からKITTE経由で地下直結
更新: 2019-09-27 15:17:00
串天ぷら 段々屋(ダンダンヤ)/串揚げ、てんぷら/西新宿|目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き、これで750円は驚きのコスパ。
更新: 2019-09-27 15:18:10
下町うまいもん散歩 柴又特集掲載店。帝釈天参道に漂う香ばしいごま油の香りは、この店から漂う魅惑のシグナル! 店頭の大鍋で揚げられたエビやキス、ししとうといった天ぷらに回しかけられる甘じょっぱい天ツユは、心も胃袋も満足すること間違いなし。
更新: 2019-10-02 14:47:28
人形町の下町うまいもんグルメ散歩特集店舗!日本橋の路地にこんな秀逸店があったのかと、日本酒好きなら小躍りするに違いない。まずはその店構え。
更新: 2019-06-26 14:55:44
天ぷら食堂 ひさご(天ぷら・揚げ物/両国)|大正7年創業、100年近い歴史を持つ老舗の姉妹店。天ぷらは特注の胡麻油を使って揚げられる。
更新: 2019-09-30 15:13:40
大黒家 天麩羅は(丼/浅草)創業明治20年、当代とって四代目の老舗。浅草は伝法院通りにある生粋の江戸前海老天丼だ。※ランチタイム有
更新: 2019-09-27 15:13:04
天正の天丼(てんぷら/仲御徒町)は、ふっくら特大に甘めのタレがクセになる旨さ。先々代はうなぎ屋で、昭和30年から続くこちらのウリは穴子。※ランチタイム有
更新: 2019-10-07 13:46:12
 ひと口大に“バラ”で揚げられた天ぷらが乗る天ばら丼。丼の蓋を開ければ、ぷりぷりのエビ、イカ、小柱がたんまりに、舞茸、獅子唐、温玉と溢れんばかり。※ランチタイム有
更新: 2019-09-27 15:14:00
 創業明治22年の『土手の伊勢屋』五代目を襲名した谷原秋光さんが独立。なかでも五代目天丼はもとは限定裏メニューで、築地で仕入れた旬食材を贅沢に集結させ圧巻。※ランチタイム有
更新: 2019-09-27 15:16:00
迫力&魅惑の「天丼」が食べられるお店を9件ご紹介!天ぷらの中でも天丼ってぇやつにはちょっとほかにはない魅力がある。しかも手のひらにズシリとくるような大迫力の丼ものならば気分上々!絶品ばかりを集めた、まさに「コレクション」をお届けします!
更新: 2019-09-18 15:18:27
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt