天丼に関するグルメ記事


約100年の老舗の技が生む軽やかな天ぷら|天ぷら食堂 ひさご(天ぷら・揚げ物/両国)

約100年の老舗の技が生む軽やかな天ぷら|天ぷら食堂 ひさご(天ぷら・揚げ物/両国)

 大正7年創業、100年近い歴史を持つ老舗の姉妹店。天ぷらは特注の胡麻油を使って揚げられる。


今日のランチは浅草のココ!大黒家の天丼|ちょっと辛めのタレと香りに海老が引き立つ

今日のランチは浅草のココ!大黒家の天丼|ちょっと辛めのタレと香りに海老が引き立つ

大黒家 天麩羅は(丼/浅草)創業明治20年、当代とって四代目の老舗。浅草は伝法院通りにある生粋の江戸前海老天丼だ。※ランチタイム有


今日のランチは仲御徒町!天正の天丼|見よ! このど迫力の穴子天。

今日のランチは仲御徒町!天正の天丼|見よ! このど迫力の穴子天。

天正の天丼(てんぷら/仲御徒町)は、ふっくら特大に甘めのタレがクセになる旨さ。先々代はうなぎ屋で、昭和30年から続くこちらのウリは穴子。※ランチタイム有


今日のランチはココ!日本橋 天丼 金子屋の天丼(丼/赤坂)|海老、いか、小柱サクふわにしてこんがりと旨し!

今日のランチはココ!日本橋 天丼 金子屋の天丼(丼/赤坂)|海老、いか、小柱サクふわにしてこんがりと旨し!

 ひと口大に“バラ”で揚げられた天ぷらが乗る天ばら丼。丼の蓋を開ければ、ぷりぷりのエビ、イカ、小柱がたんまりに、舞茸、獅子唐、温玉と溢れんばかり。※ランチタイム有


今日のランチはココ!下町天丼 秋光の天丼(丼/浅草)|素材に妥協なし旬が集結した心意気の天丼!

今日のランチはココ!下町天丼 秋光の天丼(丼/浅草)|素材に妥協なし旬が集結した心意気の天丼!

 創業明治22年の『土手の伊勢屋』五代目を襲名した谷原秋光さんが独立。なかでも五代目天丼はもとは限定裏メニューで、築地で仕入れた旬食材を贅沢に集結させ圧巻。※ランチタイム有


迫力&魅惑の東京「天丼」コレクション!天丼ってぇやつにはほかにはない魅力がある。

迫力&魅惑の東京「天丼」コレクション!天丼ってぇやつにはほかにはない魅力がある。

天ぷらの中でも、天丼ってぇやつにはちょっとほかにはない魅力がある。しかも手のひらにズシリとくるような大迫力の丼ものならば、気分上々!そんな“丼コレ“4品をご案内します。


名古屋エリア限定グルメ情報(8) 薬味やだし汁で5通りもの味が楽しめる「かき揚げまぶし」

名古屋エリア限定グルメ情報(8) 薬味やだし汁で5通りもの味が楽しめる「かき揚げまぶし」

地下鉄名城線砂田橋駅近くにある『天ぷら やじま。』。独自ブレンドした油を使い、旬の魚介や野菜を薄衣に閉じ込めた天ぷらが楽しめる人気店に、ひつまぶし風のメニューが誕生したのは、天ぷらのコースの〆に食べる天丼と天茶を選ぶのに迷っていた客の何気ないひと言がきっかけだったという……。


千束いせや|江戸前の天丼が甘じょっぱく旨い!(天ぷら/浅草)

千束いせや|江戸前の天丼が甘じょっぱく旨い!(天ぷら/浅草)

天ぷらは、ごま油をブレンドした高い温度の油で揚げられた江戸前。天丼は100年継ぎ足して熟成されたコクのある丼つゆも特徴だ。土手のいせやとは兄弟店。「下町らしい気遣いのあるいい天ぷら屋さんで、ご主人は五街道雲助師匠のいとこでもあります。おかみさんの笑顔も素敵」千束いせや[交]台東区循環バス「北めぐりん」千束2丁目バス停前


江戸前の粋を感じる予約推奨の人気店(てんぷら/曙橋)※閉店

江戸前の粋を感じる予約推奨の人気店(てんぷら/曙橋)※閉店

築地の海老問屋で修業した先代がこの地に店を開いたのは、1973年。近隣住民や周辺で働くビジネスマンに愛される名店だ。ランチは行列ができるほどの人気で、味の良さはもちろん、低価格を実現している高いコスパも魅力のひとつ夜は単品や定食のほか、会席などコース料理もある。えび田[交]曙橋駅A4出口から徒歩4分 ※ランチタイム有


老舗出身の店主が腕をふるう天ぷら専門店の「下町天丼 秋光」(天丼/浅草)

老舗出身の店主が腕をふるう天ぷら専門店の「下町天丼 秋光」(天丼/浅草)

ゴマ油の香り豊かな江戸前の天丼がいただける「下町天丼 秋光」。丼を埋め尽くす7尾のエビは、うち1尾がソフトシェルシュリンプで、店主の遊び心が光る。味と風味、食感のバランスが妙味だ。[交]つくばエクスプレス浅草駅から徒歩1分、東京メトロ銀座線 田原町駅から徒歩5分 ※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング