MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

これぞ、悶絶のステーキ丼に関するグルメ記事

表示順:
東京駅近をはじめ、都内にはたくさんのステーキ有名店がありますが、ここではグルメライターの実食レポをもとに、ホテル内レストランの高級丼から、ランチでしか食べられない安い&稀少なものまで、厳選した情報を、メニューの写真付きでお届けします!
更新: 2019-06-26 09:06:38
85年前に精肉店として創業。現在は3代目の兄弟ふたりで焼き肉店を営んでいる。コクと甘みが持ち味の常陸牛をたっぷりのせた丼が手頃な価格で味わえるとあって、ランチタイムには行列を作る人気ぶりだ。焼肉ゑびす本廛 (エビスホンジン)[交]JR山手線ほか神田駅北口から徒歩4分 ※ランチタイム有
更新: 2019-06-25 11:35:08
採算度外視で打ち出している「御曹司 松六家」の名物ランチ「極上黒毛和牛ひつまぶし御膳」。A5ランクの黒毛和牛のイチボとランプを炭火で炙り、秘伝のタレとあわせてご飯にのせる。半分は薬味をのせて、残る半分は和風お茶ダシをかけてひつまぶし風にしていただく、和牛の旨みと甘み、コクを感じつつもさっぱりと食べられる逸品。
更新: 2019-06-25 14:59:17
「これぞ、悶絶のステーキ丼」特集掲載の一品、「お肉の専門店 スギモト本店」の「黒毛和牛 牛まぶし」は数あるメニューの中でもイチオシだ。まずはそのまま味わい、その次は薬味をのせて、最後はかつお節と昆布の和風ダシをかけてひつまぶし風に、と3つの味を楽しめる。[交]半蔵門線ほか押上駅から直結 東京ソラマチ6階※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:12
「これぞ、悶絶のステーキ丼」特集掲載の一品、「肉 いせや」の「ステーキ丼」はランチ限定。トコトン牛肉におぼれたい!そんな時にうってつけの1杯だ。「肉 いせや」の[アクセス]はJR中央線ほか吉祥寺駅公園口から徒歩5分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-03 12:05:09
「これぞ、悶絶のステーキ丼」特集掲載の一品、「や満登」の「飛騨牛焦がし醤油ステーキ丼」は焦がし醤油の香ばしい風味が、サーロインの脂の甘みや風味をくまなく引き出す。広々とした店内の落ち着いた雰囲気も抜群で、贅沢なランチタイムになること請け合いだ。[アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩1分
更新: 2019-06-25 15:00:13
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt