MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

飛騨牛に関するグルメ記事

表示順:
赤坂 松葉屋(和食/赤坂)|大阪・梅田の味噌屋『天満屋』を前身として創業し、4代続く老舗。1976年にここ赤坂で松茸専門店として開業した。
 霜降りの厚切り肉を頬張ると、飛騨牛特有の濃厚なコクがジュワリ。これに自家製豆腐、盛りだくさんの野菜サラダやデザートなどが付く充実の内容だ。
 東京からだと移動にやや時間がかかるが、“西の宿”で推したいのが「松宝苑」。平湯温泉、福地温泉、新穂高温泉など5つの温泉地が点在する奥飛騨温泉郷の真ん中、新平湯温泉にある一軒宿だ。
「O庵(オーアン) 五反田店 」はカレーうどんを主体としたモダンな和食店。「O庵特製カレーうどん(飛騨牛)」はダシの利いた和風カレーの中にA4飛騨牛の切り落とし肉がどっさり。[交]JR五反田駅から徒歩6分 ※ランチタイム有
飛騨牛専門店が店頭で販売。甘辛ダレと牛肉の旨みが絡み合う一品。注文を受けてから肉を焼くため、事前の電話予約がおすすめだ。飛騨牛一頭家 銀座 馬喰一代 (ぎんざ ばくろいちだい)地下鉄 銀座駅 徒歩4分/地下鉄有楽町線 銀座一丁目駅 8番出口 徒歩1分/JR 有楽町駅 徒歩5分 ※ランチタイム有
「これぞ、悶絶のステーキ丼」特集掲載の一品、「や満登」の「飛騨牛焦がし醤油ステーキ丼」は焦がし醤油の香ばしい風味が、サーロインの脂の甘みや風味をくまなく引き出す。広々とした店内の落ち着いた雰囲気も抜群で、贅沢なランチタイムになること請け合いだ。[アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩1分
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt