MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

サーロインに関するグルメ記事

表示順:
黒毛和牛の各部位を職人が見極めて配合。精肉卸『ヤザワミート』が手掛けるバーガーの行列店。黒毛和牛バーガーBLACOWS(ブラッカウズ)[交]JR線ほか恵比寿駅西口から徒歩5分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:11
ローマ料理とビステッカ(ステーキ)なら「エル ビステッカーロ デイ マニャッチョーニ」をおすすめしたい。ローマの名店で腕を磨いた山崎夏紀さんが現地の味をあえて日本人好みにせずに伝えている。[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅A13出口から徒歩3分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:10
浅草観光の名所にもなっているアサヒビール本社横に、こだわりのビールと料理が評判のこの直営店がある。「工場から注ぎ口まで、常に冷蔵で輸送・保存しているので、とりわけ新鮮で美味しいビールを提供できる自信があります」と店長の伊藤さんは胸を張る。アサヒ クラフトマンシップブルワリー 東京[交]地下鉄銀座線浅草駅4・5番出口から
更新: 2017-12-20 15:48:09
おとなの週末「ホテルで味わう三ツ星贅沢丼」特集の一品。『鉄板焼 三条』の昼限定「ステーキ重」だ。国産牛のサーロインステーキ120gを惜しげもなくご飯に並べ、醤油やみりんなどをブレンドした甘めのポリネシアンソースで仕上げた逸品。[交]品川プリンスホテル 味街道 五十三次 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:12
上質なサーロインを使うステーキ丼はアラカルトの人気メニュー。アボカドとワサビのディップを添えるのが特徴で、さっぱりした和風味に深いコクを与えている。ディップは注文後にアボカドの皮をむいて作るのが基本。仕込みひとつにも配慮が行き届いている。ザ・ペニンシュラ東京 ザ・ロビー[交]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A6・A7 出口直
更新: 2017-12-20 15:48:12
「これぞ、悶絶のステーキ丼」特集掲載の一品、「お肉の専門店 スギモト本店」の「黒毛和牛 牛まぶし」は数あるメニューの中でもイチオシだ。まずはそのまま味わい、その次は薬味をのせて、最後はかつお節と昆布の和風ダシをかけてひつまぶし風に、と3つの味を楽しめる。[交]半蔵門線ほか押上駅から直結 東京ソラマチ6階※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:12
「これぞ、悶絶のステーキ丼」特集掲載の一品、「肉 いせや」の「ステーキ丼」はランチ限定。トコトン牛肉におぼれたい!そんな時にうってつけの1杯だ。「肉 いせや」の[アクセス]はJR中央線ほか吉祥寺駅公園口から徒歩5分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-03 12:05:09
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt