MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

小江戸うなぎ旅に関するグルメ記事

表示順:
〈小江戸うなぎ旅〉の締めくくりは、「美しいまちなみ大賞」の受賞歴も誇る栃木市。黒塀や白壁、石造りの街並や市中を流れる巴波川など、ぶらり散歩が心地いい。
更新: 2018-07-06 14:11:46
江戸時代、東北諸藩の年貢米などを中継する水郷の街として栄えた佐原。伊能忠敬の育った地としても有名なこの街をぶらり散策、ニンマリうなぎしてきました。
更新: 2018-07-04 14:39:27
蔵造りの街並みが広がる川越は、食も観光も資源豊富。池袋から30分ほどで行けるアクセスの良さも魅力だ。絶品のうなぎを堪能して最高の週末を過ごそう!
更新: 2018-06-28 18:10:00
本川越駅から県道51号線を歩いていると、モワッとした煙が見える。近づくにつれ、香ばしい香りが漂う。香りの先は、老舗うなぎ店『小川藤』だ。
更新: 2018-04-24 20:00:00
 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。
更新: 2018-04-22 07:00:00
 佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。
更新: 2018-04-21 20:00:00
 創業明治5年で現代表のお母さんが五代目。使い込まれた調理場から供されるうなぎは野趣あふれる佇まい。
更新: 2018-04-20 18:00:00
「赤間屋(あかまや)」の昔ながらの時間の流れを感じさせてくれる落ち着いた佇まいがいい。ふっくら肉厚でふんわりと蒸されたうな重は蓋を開けた瞬間におお!と言いたくなる迫力。
更新: 2018-05-03 07:01:05
観光名所「喜多院」近くにある、明治元年創業の老舗「東屋(あずまや)」。炭で焼き上げるうなぎは、外側はパリッと香ばしく、中はふっくら。
更新: 2018-04-18 18:14:06
「小川菊」の創業は文化・文政年間で200年以上の歴史を持つ、川越でいちばんの老舗だ。主に九州産の上質なうなぎを仕入れ、一子相伝で受け継がれたタレをまとわせながら、紀州備長炭で焼き上げる。
更新: 2018-04-17 18:21:26
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt