MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

かつ丼に関するグルメ記事

表示順:
秋葉原「さま田」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大のカツ丼好きの店主が、フレンチで培った技術を駆使しつつ、リーズナブルに楽しめる丼をと考案。豚バラ肉の角煮カツを醤油ベースの玉ネギソースをかけたご飯にのせ、さらにとろり半熟オムレツをオン。[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-21-6 第1ヤマコビル1階
更新: 2018-11-03 09:13:30
元々は、天神にあった「友楽寿司」がランチとして提供していたかつ丼。大人気により、専門店を開いたのが始まりだ。かつ丼 友楽(丼/薬院)
更新: 2018-03-01 08:58:02
代々木上原の「武信」では、醤油かつ丼が食べられる。醤油ダレは濃厚で、かつの上の大根おろしと、かつの下の大葉が爽やかさを演出。とんかつ 武信 [交]小田急・地下鉄千代田線 代々木上原駅東口より徒歩約3分 ※ランチタイム有
更新: 2018-03-29 13:58:46
この店でしか食べられないオリジナルの味。かつ丼フリークならずとも、一度足を運んでみてほしい。
更新: 2017-12-20 15:47:53
東京でかつ丼といえば卵でとじたものが一般的。でも、そもそもかつを卵でとじたのはナゼ? いつ生まれた? その答えは早稲田にあった。
更新: 2017-12-20 15:47:53
どうしてかつ丼にはご当地ものが多いの?美味しいからこその疑問!県民は懐かしさに、非県民は珍しさに心躍らせたご当地かつ丼巡り。今回の調査を振り返りつつ、そのバラエティ豊かなご当地性を考察してみた。
更新: 2017-12-20 15:47:53
ジャズが流れる店内で、卵の下で衣がしっかりと立った、芸術的な一杯をご堪能あれ。勝漫 (かつまん)[アクセス]地下鉄丸ノ内線淡路町駅A1出口から徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:12
梅林 (ばいりん)は昭和2年創業のとんかつ専門店。かつ丼といえば蕎麦屋のものだった当時、かつおダシではなく、豚肉のスジと玉ねぎからダシをとった関東風の甘口ツユで作るかつ丼を供し、評判を呼んだ。[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅A2出口から徒歩約3分 ※ランチタイム有
更新: 2017-09-01 14:41:42
おらが町のが一番じゃ!ソースにタレに卵とじ かつ丼は卵とじだけではない。ウスターソースで味付けしたり、デミグラスソースをかけたりと、実はご当地の味が多いのだ。そこで東京で食べられるご当地かつ丼を集めてみた。 エリア:銀座/淡路町/小川町/水道橋/代々木八幡/北千住/銀座一丁目/新橋/渋谷/代々木上原 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:01
ご飯の上に半熟の薄焼き卵をのせ、その上に揚げたてのロースかつが鎮座。そして蒲焼のタレに似た甘みが強いタレがかかる。卵のトロトロ感とかつのサクサク感が両立し、甘いタレがご飯を誘う見事な一杯。そんなかつ丼を出すのは渋谷にある「瑞兆」だ。[交]JR山手線 渋谷駅(ハチ公口)より徒歩10分 ※ランチタイム有
更新: 2017-09-01 14:35:14
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt