MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

至福の寿司に関するグルメ記事

表示順:
「神田 江戸ッ子」は神田で60年続く町の寿司屋が経営する回転寿司店。毎朝築地へ直接仕入れに行く真面目さが魅力だ。
更新: 2018-06-05 18:00:00
磯のがってん寿司 東武練馬店のスタッフの元気な接客と新鮮ネタに思わず笑顔が出る。ミナミマグロや旬の光物もいいが、特に推したいのは磯の風味を感じる活貝。
更新: 2018-10-02 16:26:42
回転寿司 すしえもん イーアス高尾店(寿司/高尾)|2017年6月、愛媛県宇和島市より本州に初進出した気鋭店。地元の水産会社が営み、専属バイヤーが仕入れた産地直送の宇和島ネタや北海道ネタが主力だ。
更新: 2018-10-02 16:27:12
北千住の「廻り寿司 千寿すしつね」は2016年秋、カウンター中心の店から回転寿司に大リニューアル。三重や神奈川の珍しい地魚の入荷にもこだわった寿司は約100種を用意。[住所]東京都足立区千住3-92 千住ミルディス9階
更新: 2018-10-02 16:29:23
産直グルメ回転ずし函太郎 Tokyo(寿司/東京駅)|東京駅一番街の『立喰寿司函太郎』が、業態を変えて東京駅にオープン。北海道・函館を中心に産地直送のネタが売りだ。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階
更新: 2018-10-02 16:30:52
「沼津港 新宿本店」では90円の皿からあるが、本日入荷のおすすめネタは一皿340円~520円(取材時)と少し豪華めの価格帯。ただし各ネタの大きさはとにかく威勢よし!
更新: 2018-10-02 16:32:23
取材中に気になる情報をキャッチ。「寿司の世界チャンピオンが握る回転寿司がある」。なんでもその職人さんは、今や回転寿司界のレジェンドとして若手の憧れになっているそうだ。ならば、会わずにはいられまい。その生ける伝説に……。
更新: 2018-06-03 11:45:54
グランツリー武蔵小杉の回転寿司店「回し寿司 活」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。常時280種ものメニューを置くマンモス店で、安価ながらどのネタも驚きの高品質。築地に直接買い付けるほか、羽田市場からも仕入れており、全国各地で獲れた魚を24時間以内に店で捌いて提供している。
更新: 2018-10-02 16:35:03
日本前寿し にぎにぎ一 八重洲本館では1貫100円~の価格帯に関わらず、ネタのほぼすべてに国内の漁場で採れた天然地魚を使用している(調査日は天然本マグロのみボストン産)。
更新: 2018-06-02 18:00:00
「東急プラザ銀座」の10階には、根室花まるの回転寿司が入り平日でも大行列。地下2階の「立食い寿司 根室花まる」は、平日なら並ばずに入れる可能性大。[住所]東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座地下2階
更新: 2018-10-02 16:36:24
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt