薫る、新蕎麦に関するグルメ記事


蕎亭 大黒屋(そば/浅草)|蕎麦の香り弾ける“粗挽き”そばがき

蕎亭 大黒屋(そば/浅草)|蕎麦の香り弾ける“粗挽き”そばがき

浅草エリアのそば屋「蕎亭 大黒屋」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。名物の粗挽きそばがきに使うのは妙高山麓で昔から栽培されてきた希少な「こそば」。それを主人の菅野成雄さんが自ら目立てした石臼で挽き、美味しさを最大限に引き出している。[交通アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩9分


蕎や 月心(そば/祐天寺)|魅惑の「牡蠣そば」が味わえる!

蕎や 月心(そば/祐天寺)|魅惑の「牡蠣そば」が味わえる!

祐天寺エリアのそば屋「蕎や 月心(つきごころ)」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。まずは蕎麦をひと口。清々しい香りが鼻を抜けたら、すかさず牡蠣をパクッ。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩約10分、学芸大学駅東口から徒歩約10分


三合菴(そば/広尾)|青ネギたっぷりの「ねぎ蕎麦」

三合菴(そば/広尾)|青ネギたっぷりの「ねぎ蕎麦」

広尾エリアのそば屋「三合菴 (さんごうあん) 」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。白金で人気を呼んだ三合菴が広尾駅前に移転。今までは駅から少し歩くのでハードルが高かったが、アクセスが抜群によくなった。[交通アクセス]地下鉄日比谷線広尾駅2番出口から徒歩2分


東白庵 かりべ(そば/神楽坂)|ムースのごとき食感の“ふわとろ”そばがき

東白庵 かりべ(そば/神楽坂)|ムースのごとき食感の“ふわとろ”そばがき

神楽坂エリアのそば屋「東白庵 かりべ」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。熱湯を加え一気に高速で掻くそばがきは、空気を含んで驚くほどふんわり。まるで赤ちゃんのほっぺたのように柔らかく、口の中でとろりとほどける独特のテクスチャー。[交通アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅1番出口から徒歩5分


江戸前 手打そば 蕎香(そば/ときわ台)|つゆと蕎麦を粋に味わうなら「かけそば」

江戸前 手打そば 蕎香(そば/ときわ台)|つゆと蕎麦を粋に味わうなら「かけそば」

ときわ台エリアのそば屋「江戸前 手打そば 蕎香」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。住宅街の真ん中に店を構えて27年。近所は元より、遠方から通う客も多い人気店だ。[交通アクセス]東武東上線ときわ台駅北口からバスに乗車し、「前野小学校」下車して徒歩4分


木の花(そば/大井町)|蕎麦前と酒の後に蕎麦をつるりっ、大人気のコース

木の花(そば/大井町)|蕎麦前と酒の後に蕎麦をつるりっ、大人気のコース

大井町エリアのそば屋「木の花」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。蕎麦は冷たいせいろと温かいかけのみという潔さ。料理と酒を楽しんだ後に〆で味わうことを意識して、「つるっとのど越しよくスッキリした後味」を目指している。[交通アクセス]JR京浜東北線ほか大井町駅西口から徒歩5分


大森町「もりいろ」の自信作、とにかく旨い豆腐店の湯葉を使った玉子とじそば

大森町「もりいろ」の自信作、とにかく旨い豆腐店の湯葉を使った玉子とじそば

「もりいろ(そば/大森町)」の主人の土屋さんが探し歩いて惚れ込んだという豆腐は、もりいろのおすすめの逸品。「とにかく旨い」というその豆腐店で作る湯葉を使った玉子とじも自信作だ。


手打ち蕎麦 汐見(そば/早稲田)|リピート必至!こだわり抜いた蕎麦と端正な日本料理

手打ち蕎麦 汐見(そば/早稲田)|リピート必至!こだわり抜いた蕎麦と端正な日本料理

早稲田エリアのそば屋「手打ち蕎麦 汐見」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。石臼挽き自家製粉の手打ち蕎麦と、四季の移ろいを感じる日本料理。どちらかひとつでも手間暇かかるはずなのに、その両方を極めた店主の味をコースで満喫できるとは何ともありがたい。[交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅1番出口から徒歩8分


「日本橋 やぶ久」の看板メニューは旨みと辛みのカレー南蛮

「日本橋 やぶ久」の看板メニューは旨みと辛みのカレー南蛮

「日本橋 やぶ久(そば/日本橋)」は明治35年創業の老舗だが、お客さんの声に応えて進化し続けている。そのひとつが、看板メニューとも言えるカレー南蛮。


ならや(そば/池袋)|創業時から人気のカレー南蛮そば

ならや(そば/池袋)|創業時から人気のカレー南蛮そば

池袋エリアのそば店「ならや」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。33年前の創業時から根強い人気を誇るのが、カレー南蛮だ。ひと口目は甘いと感じるが、徐々にスパイスの複雑な辛みが広がって、パンチが利いたダシの鰹風味が溶け合い、まろやかな味へと変化する。


朝松庵(うどん/中目黒)|祖父が大阪で売り出したカレー南蛮を中目黒で

朝松庵(うどん/中目黒)|祖父が大阪で売り出したカレー南蛮を中目黒で

中目黒エリアのうどん屋「朝松庵 (あさまつあん) 」の「カレー南蛮」のグルメ記事と写真。「小学生の頃から、いつも祖父のカレー粉作りに呼ばれて手伝ってました」という4代目の角田米子さん。明治41年に、祖父が大阪で売り出したカレー南蛮の作り方を今も忠実に守っている。


泰明庵(そば/銀座)|セリの爽快な食感が濃厚な味わいを引き締める

泰明庵(そば/銀座)|セリの爽快な食感が濃厚な味わいを引き締める

泰明庵(たいめいあん)は元は魚屋だったが、お客さんに魚を煮て出したら美味しいと喜ばれ、汁ものが食べたいと言われてうどんを作り、やがて軽食も出すように。


新橋で本物をとことん追求した斬新なカレー南蛮|新橋てんか(そば/新橋)

新橋で本物をとことん追求した斬新なカレー南蛮|新橋てんか(そば/新橋)

「新橋てんか」は天ぷら蕎麦前とカレー南蛮の店として心機一転オープン。鰹節の香りが鼻をガツンと刺激する力強いスープに負けない存在感のある極太の蕎麦で、麺に絡みながら濃縮された魚介の旨みが溢れ出す。


恵比寿で常識にとらわれない新機軸な蕎麦!カルボナーラ蕎麦が美味!

恵比寿で常識にとらわれない新機軸な蕎麦!カルボナーラ蕎麦が美味!

EBISU FRY BAR(エビスフライバル)/そば/恵比寿|ストレート&シンプルなざる蕎麦から、和・洋・中の様々な料理からインスパイアされた新機軸な蕎麦を冷・温含めて20品以上も提供する。だが、そのすべてに共通するのは、ベースにある十割蕎麦の香りとのどごし。


green glass(そば/中井)|産地で変わる蕎麦を利き、酒と料理を味わう

green glass(そば/中井)|産地で変わる蕎麦を利き、酒と料理を味わう

中井エリアのそば屋「green glass(グリーングラス)」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。店主の関根さんは名店「眠庵」で腕を磨き、産地の違う蕎麦の個性を引き出す技を学んだ。その違いを食べ比べる2種盛りはそば通も納得の味わいだ。[交通アクセス]地下鉄大江戸線ほか中井駅A1出口から徒歩4分


吉祥寺の住宅街に佇む一軒家のお忍び蕎麦居酒屋

吉祥寺の住宅街に佇む一軒家のお忍び蕎麦居酒屋

晩酌や 月(バンシャクヤ ツキ)そば/吉祥寺|ここは吉祥寺の住宅街に佇む一軒家の蕎麦居酒屋。紺の暖簾をくぐれば、小さな池のある庭が見えてくる。


蕎麦の膳 たかさご(そば/牛込神楽坂)のグルメ記事と写真

蕎麦の膳 たかさご(そば/牛込神楽坂)のグルメ記事と写真

牛込神楽坂エリアのそば屋「蕎麦の膳 たかさご」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。酒の肴となる一品料理は、ホテルで腕を磨いた4代目となる息子さんが主に担当。例えば「鰊 甘露煮」は48時間コトコトと煮て、箸で持ち上げるとホロリと崩れそうな柔らかさ。[交通アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩4分


手打ちそば やっ古(そば/学芸大学)|細打ち蕎麦と料理の憩いの空間

手打ちそば やっ古(そば/学芸大学)|細打ち蕎麦と料理の憩いの空間

学芸大学エリアのそば屋「手打ちそば やっ古」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。 カウンター中心の落ち着いた店を切り盛りするのは可憐な女将。店主の西田さんは蕎麦の達人である石井仁さんの元で、銀座「古拙」、日本橋「仁行」という名店2店で修業を重ねた。


蕎麦切り 旗幟(そば/上北沢)|季節を映す蕎麦と料理が地元で愛される理由

蕎麦切り 旗幟(そば/上北沢)|季節を映す蕎麦と料理が地元で愛される理由

上北沢エリアのそば屋「蕎麦切り 旗幟」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。子供の頃から蕎麦屋になるのが夢だったという店主の佐藤さん。瀟洒な住宅街を後ろに控える上北沢で、口の肥えた地元のお客に磨かれて秀逸な料理と蕎麦を提供する。[交通アクセス]京王線上北沢駅南口から徒歩2分


中野 いざ宵(そば/中野)|厳選した日本酒と創作蕎麦が楽しめる店

中野 いざ宵(そば/中野)|厳選した日本酒と創作蕎麦が楽しめる店

中野エリアのそば屋「中野 いざ宵」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。宵昭和30年に創業した杉並の蕎麦店「まん月」が、中野駅至近にオープンさせた。保冷庫に並ぶのは、全国から厳選した日本酒の1升瓶。


ランキング


>>総合人気ランキング