カレー南蛮そばに関するグルメ記事


「日本橋 やぶ久」の看板メニューは旨みと辛みのカレー南蛮

「日本橋 やぶ久」の看板メニューは旨みと辛みのカレー南蛮

「日本橋 やぶ久(そば/日本橋)」は明治35年創業の老舗だが、お客さんの声に応えて進化し続けている。そのひとつが、看板メニューとも言えるカレー南蛮。


ならや(そば/池袋)|創業時から人気のカレー南蛮そば

ならや(そば/池袋)|創業時から人気のカレー南蛮そば

池袋エリアのそば店「ならや」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。33年前の創業時から根強い人気を誇るのが、カレー南蛮だ。ひと口目は甘いと感じるが、徐々にスパイスの複雑な辛みが広がって、パンチが利いたダシの鰹風味が溶け合い、まろやかな味へと変化する。


朝松庵(うどん/中目黒)|祖父が大阪で売り出したカレー南蛮を中目黒で

朝松庵(うどん/中目黒)|祖父が大阪で売り出したカレー南蛮を中目黒で

中目黒エリアのうどん屋「朝松庵 (あさまつあん) 」の「カレー南蛮」のグルメ記事と写真。「小学生の頃から、いつも祖父のカレー粉作りに呼ばれて手伝ってました」という4代目の角田米子さん。明治41年に、祖父が大阪で売り出したカレー南蛮の作り方を今も忠実に守っている。


泰明庵(そば/銀座)|セリの爽快な食感が濃厚な味わいを引き締める

泰明庵(そば/銀座)|セリの爽快な食感が濃厚な味わいを引き締める

泰明庵(たいめいあん)は元は魚屋だったが、お客さんに魚を煮て出したら美味しいと喜ばれ、汁ものが食べたいと言われてうどんを作り、やがて軽食も出すように。


新橋で本物をとことん追求した斬新なカレー南蛮|新橋てんか(そば/新橋)

新橋で本物をとことん追求した斬新なカレー南蛮|新橋てんか(そば/新橋)

「新橋てんか」は天ぷら蕎麦前とカレー南蛮の店として心機一転オープン。鰹節の香りが鼻をガツンと刺激する力強いスープに負けない存在感のある極太の蕎麦で、麺に絡みながら濃縮された魚介の旨みが溢れ出す。


早稲田で初代がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。|三朝庵(そば/早稲田)

早稲田で初代がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。|三朝庵(そば/早稲田)

初代の曽祖父がカレー南蛮を作り始めたのは、明治37年頃。その当時から鰹節、千住産の長ネギ、ヒゲタの醤油などは、ずっと同じ問屋から仕入れている。


ランキング


>>総合人気ランキング