熱々うどん三昧に関するグルメ記事


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


並んででも食べたい!牛込柳町『白河そば』の「ひもかわうどん」

並んででも食べたい!牛込柳町『白河そば』の「ひもかわうどん」

おとなの週末「並んででも食べたい!立ち食いうどんの魔力」特集掲載店舗。


肉うどんが530円!五反田の行列が絶えない人気うどん屋『おにやんま』

肉うどんが530円!五反田の行列が絶えない人気うどん屋『おにやんま』

 いつでもモチシコな本格讃岐うどんが味わえ、行列が絶えない人気店だ。


池袋『眞壁屋 Esola』の「稲庭うどん」は絹のような舌触りとコシが自慢!

池袋『眞壁屋 Esola』の「稲庭うどん」は絹のような舌触りとコシが自慢!

 稲庭うどんといえば、かつて藩主に献上された一級品。その極めつきを味わえるのが、秋田に本社を構える製麺会社直営のこの店だ。


映画「UDON」のスタッフが讃岐うどんに魅了され中野でうどん屋に!

映画「UDON」のスタッフが讃岐うどんに魅了され中野でうどん屋に!

 店主の一押しは冷たいうどんに冷たいツユをかけた「ひやひや」。香川の醤油を使った透き通るダシは清らかで、ほのかな甘さが小麦の風味を引き立てる。


東京では珍しい!三田の「大阪かすうどん」の専門店『むねひろ』

東京では珍しい!三田の「大阪かすうどん」の専門店『むねひろ』

 東京ではまだまだ数少ない、大阪の「かすうどん」を味わえる店。「かす」とは「油かす」のことで、牛のホルモン(主に小腸)を高温で揚げたもの。


打ちたての伊勢うどんが454円!本郷三丁目『二代目 甚八』

打ちたての伊勢うどんが454円!本郷三丁目『二代目 甚八』

 うどんを中心に、三重県の食材を使った料理が楽しめる食事処。三重県鈴鹿産と北海道産の小麦粉を50%ずつ使った麺は、毎日お店の製麺機を使い、打ちたてのものを用意。


東京で上品な京うどんを食べるなら 銀座『きつね庵』

東京で上品な京うどんを食べるなら 銀座『きつね庵』

 透明なツユにたっぷり浮かぶ“お揚げさん”は、京都の老舗『とようけ屋山本』から。卓上の七味は350年以上続く『七味家本舗』のもの……と書くと、超こだわりの一杯に思えるが、どちらも日常的な京食材。


讃岐うどん と ワインは意外と相性抜群!?錦糸町『分讃岐うどん あ季 時譚』

讃岐うどん と ワインは意外と相性抜群!?錦糸町『分讃岐うどん あ季 時譚』

 2017年11月に個性溢れる店がオープンした。定番の天ぷらや牛スジ煮込みに混じって、ローストビーフや鴨のロティといった洋のつまみが品書きに顔をのぞかせる。


都内の立ち食いでは珍しい「関西風のうどん」を大森『麦の城』で!

都内の立ち食いでは珍しい「関西風のうどん」を大森『麦の城』で!

 かつて蒲田の駅構内で愛された『めん亭』の味を継承するというこちらは関西風。


ランキング


>>総合人気ランキング