MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

熱々うどん三昧に関するグルメ記事

表示順:
いやいや、王道つるしこだって負けちゃいません。直球讃岐に始まり、つるりのど越しの稲庭、進化を遂げる釜玉やオリジナルまで、独自路線極まってます! 撮影/西﨑進也、鵜澤昭彦、石井明和 取材/岡本ジュン、池田一郎
更新: 2019-01-07 14:15:52
【ふうふう熱々うどん三昧】讃岐の影響でコシの強いうどんが定番化したが、近年は博多うどんにも注目が集まり、柔らかいうどんが浸透。ふにゃふにゃを中心に“やわうどん”を調査した。 撮影/小島 昇、鵜澤昭彦、小澤晶子 取材/菜々山いく子、市村幸妙、赤谷まりえ
更新: 2018-12-27 18:30:00
 明治のはじめに創業し、昭和21年からは谷中銀座の入口近くに店を構える老舗蕎麦屋。名古屋とはゆかりはないが、お客さんの要望できしめんを置いている。
更新: 2019-01-18 16:27:14
県民酒場ダウドン 清瀬北口店|埼玉県民のソウルフードに新展開!
更新: 2018-11-28 14:16:13
 毎朝店で打つ麺は、厳選した数種類の小麦粉をブレンド。讃岐でも稲庭でもない、もっちりと弾力のある“第三の麺”だ。
更新: 2018-11-22 12:00:00
蔵出し和酒と江戸前天ぷら 甲州街道 賽(旧店名:武蔵野 はせがわ)|うどん好きならば、この店名にピンと来るだろう。大泉学園にある武蔵野うどんの名店『長谷川』から暖簾分けし、2016年にオープンした。
更新: 2018-11-21 18:00:00
 店主の藤原耕治さんが地元秋田から取り寄せている稲庭うどんの特長は、「なんと言ってものど越しとなめらかさ」。その言葉通り、細身でつるっとしていくらでもいけそうな食感は、ならではの旨さだ。
更新: 2018-11-20 18:00:00
 割烹で修業した店主が開いた居酒屋で、伊勢うどんは30年前の開店当初からある人気メニュー。ランチでは小鉢やドリンクなどが付いた定食スタイルで楽しめる。
更新: 2018-11-20 12:00:00
 選び抜いた焙煎豆を使ったサイフォン式珈琲が美味しい『久緒羅珈琲』。三重県伊勢市出身の店主が、平日のランチタイム限定で伊勢うどんを提供中だ。芝大門
更新: 2018-11-19 12:00:00
なにわもんゆうや|駅を出てスグの立ち食いうどん店。カツオベースの黄金色に透きとおるツユを、丸めのふにゃっとしたうどんが吸っていい塩梅に。
更新: 2018-11-18 18:00:00
おとなの週末