ウイスキーに関するグルメ記事


green glass(そば/中井)|産地で変わる蕎麦を利き、酒と料理を味わう

green glass(そば/中井)|産地で変わる蕎麦を利き、酒と料理を味わう

店主の関根さんは名店「眠庵」で腕を磨き、産地の違う蕎麦の個性を引き出す技を学んだ。その違いを食べ比べる2種盛りはそば通も納得の味わいだ。


三軒茶屋の11年続く隠れた繁盛店「薬酒」専門バー|薬酒Bar(バー/三軒茶屋)

三軒茶屋の11年続く隠れた繁盛店「薬酒」専門バー|薬酒Bar(バー/三軒茶屋)

ハーブや漢方を漬けた“薬酒”専門の小さなバー。ウコンやショウガなど40~50種の自家製リキュールが常備され、炭酸と合わせたり、ロックで楽しめる。


大井町の「ハイボール専門店」。看板メニューは超炭酸の角ハイボール|大井町ハイボール(居酒屋/大井町)

大井町の「ハイボール専門店」。看板メニューは超炭酸の角ハイボール|大井町ハイボール(居酒屋/大井町)

ビルの2階、急な階段を上った先にあるハイボール専門店。看板メニューは超炭酸の角ハイボール400円。


日本限定! 桜デザインボックス入りのジャック ダニエルが登場!

日本限定! 桜デザインボックス入りのジャック ダニエルが登場!

ジャック ダニエルといえば、100年以上の歴史を誇る、アメリカを代表するウイスキーのひとつ。 そのジャック ダニエルから、桜吹雪を纏った限定デザインのボックスが登場!


もっと知れば、もっと美味しい【物語のあるウイスキー】おすすめバー4店(バー/東京)

もっと知れば、もっと美味しい【物語のあるウイスキー】おすすめバー4店(バー/東京)

ウイスキーの愉しさは香りと味わいにある。ただ、それだけでは何かが足りない。その酒が造られた蒸溜所の風土や、あるいは小道具にまつわる逸話に想いを馳せてみる。そんな「物語」と遊ぶのも、ウイスキーの愉しみではないだろうか。ウイスキーの奥深い世界の扉を開いてくれる東京でおすすめする「語り部のいるバー」をご案内。


バー・フィンガル(バー/神楽坂)|会話の中にウイスキーが香る豊かなひと時を

バー・フィンガル(バー/神楽坂)|会話の中にウイスキーが香る豊かなひと時を

「ウイスキーの魅力は味のバラエティの豊かさにある」とオーナーバーテンダーの谷嶋さん。「蒸溜所詰めのほかに、ボトラーズ・ブランドもある。少量生産なのでボトルごとに味わいが変わるのも面白いですね。今まで定番品しかなかったアイリッシュウイスキーも、最近は限定品やボトラーズ・ブランドが出て評判が上がっています」と教えてくれた。


ドンナ・セルヴァーティカ(バー/渋谷)|ウイスキーとチョコレートの甘美な取り合わせ

ドンナ・セルヴァーティカ(バー/渋谷)|ウイスキーとチョコレートの甘美な取り合わせ

 上質な調度品、ゆったりとした空気感。バーで過ごす時間はそれだけで贅沢だが、ここではオーナーバーテンダー・古屋敷幸孝さんに導かれて、チョコレートとウイスキーの世界へ旅立ちたい。


バー オーディン(バー/恵比寿)|古き良き時代に思いを馳せられるウイスキーの宝庫

バー オーディン(バー/恵比寿)|古き良き時代に思いを馳せられるウイスキーの宝庫

かつて日本でウイスキーが高級品だった時代、造り手たちはウイスキーに魂を込めていた。オーナーバーテンダーの菊地貴彦さんが初めてスコットランドの地に立ったのは27年前のこと。


Shot Bar ゾートロープ(バー/新宿)|日本のウイスキーに込められた物語を訪ねて

Shot Bar ゾートロープ(バー/新宿)|日本のウイスキーに込められた物語を訪ねて

「日本のウイスキーはスコッチの製法を踏襲しているものがほとんどですが、キリンウイスキーは国産の中でも少し特別。カナディアンウイスキーの流れを汲んでいるので、ほとんどバーボン樽しか使わないんですよ」と語るのはバーテンダーの堀上敦さん。


西武 旅するレストラン  「52席の至福」|料理、空間、流れる風景 ここでしか味わえない特別感に浸る旅(レストラン/池袋・埼玉)

西武 旅するレストラン 「52席の至福」|料理、空間、流れる風景 ここでしか味わえない特別感に浸る旅(レストラン/池袋・埼玉)

 デビューから半年、極上の料理とハイエンドなサービスで予約が殺到している、今もっとも旬なグルメ列車だ。乗り降り時にはホームにレッドカーペットが敷かれ、着席すればアテンダントがさり気なく乗客名で話しかけてくる。


ナドニエ(新宿三丁目)|新宿三丁目の名店の姉妹店は本店と裏腹の大人な店

ナドニエ(新宿三丁目)|新宿三丁目の名店の姉妹店は本店と裏腹の大人な店

『どん底』の国内唯一の姉妹店としてオープンしたナドニエ。クラシックで重厚感あふれる雰囲気の中、100種を超えるカクテルや、60種類ものウイスキーなど、豊富なアルコールを愉しめる。


ふくふく|居心地よい個室で、選択肢豊富な和食と地ウイスキーを堪能(日本料理/御殿場)

ふくふく|居心地よい個室で、選択肢豊富な和食と地ウイスキーを堪能(日本料理/御殿場)

富士山麓で育った自然豊かな食材を中心にした和食を楽しめる。華やかな御膳に沼津港で水揚げされた魚介を使った寿司、県内産牛のしゃぶしゃぶ、鰻などメニューは多彩。個室も充実してくつろげる。ふくふく 静岡県御殿場市 ※ランチタイム有


クラフトマンズキッチン|クラフトバーボンと絶品豚肉料理をカジュアルに味わう(バル/神田)

クラフトマンズキッチン|クラフトバーボンと絶品豚肉料理をカジュアルに味わう(バル/神田)

牧場を経営する食品会社が母体だけあって、高品質な豚肉をリーズナブルに楽しめる店。ここで味わうべきは、50種以上の野菜や果物から作られる大高酵素を食べて育った、なでしこポーク。クラフトマンズ キッチン (CRAFTMAN'S KITCHEN)[交]JR・地下鉄銀座線神田駅北口から徒歩1分 ※ランチタイム有


ナドニエ(ダイニングバー/新宿三丁目)

ナドニエ(ダイニングバー/新宿三丁目)

新宿三丁目「ナドニエ」の店舗情報・記事一覧をご紹介します。


Bar S|極上の酒と銀座の夜空を手中にする(バー/銀座)

Bar S|極上の酒と銀座の夜空を手中にする(バー/銀座)

2015年6月、『資生堂パーラー』がバーをオープンさせた。ビル最上階に向かうエレベーターを降り店内に入ると、サッと視界が広がる。天井が高く上方には天窓が、そしてシェードの間から夜空を望む。バー=地下というイメージを覆す、開放感のある空間だ。Bar S (バー エス)[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅A2出口から徒歩7分


BAR ねも|名人たちも愛した正しいバー(バー/浅草)

BAR ねも|名人たちも愛した正しいバー(バー/浅草)

「浅草は老舗バーも多いですが、こちらは日本を代表する正しいバー。名だたる名人の師匠も皆いらしてるようです」。ご主人の根本寛さんは、洋酒鑑定士や蒸留所公認ウイスキーテイスターの称号を持ち、スコッチの在庫だけでも7400種類。特にグレンファークラスは見逃せない。BAR ねも[交]地下鉄銀座線田原町駅3番出口から徒歩4分


風紋|作家たちが愛した新宿の文化遺産級バーは今も健在(バー/新宿三丁目)

風紋|作家たちが愛した新宿の文化遺産級バーは今も健在(バー/新宿三丁目)

「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、新宿の外れにポツンとあるこの店は、開店して53年目。「一人の店主で50年続いたお店は新宿でも少ないんですって、ほほほ」と87歳になるマダム、林聖子さんは楽しそうに笑った。淡々とした風情の聖子さんは、太宰治の短編小説『メリークリスマス』のヒロイン、シズエ子のモデルだ。



ホテル オーベルジュ|地元食材の料理と「白州」のマリアージュを堪能(レストラン/清里)

ホテル オーベルジュ|地元食材の料理と「白州」のマリアージュを堪能(レストラン/清里)

白州蒸溜所から車で約50分。八ヶ岳の山々に囲まれた清里にある、料理が評判のホテル&レストラン「ホテル オーベルジュ」のオーナー五味シェフはあらゆる地元食材に精通し、多彩な料理法で新鮮な地元食材の美味しさを活かしきる。 ※ランチタイム有


スモークダイニング燻香廊|ウイスキーに合う!地元食材の旨みを凝縮した燻製料理(洋食/余市)

スモークダイニング燻香廊|ウイスキーに合う!地元食材の旨みを凝縮した燻製料理(洋食/余市)

併設する燻製店「南保留太郎商店」が経営するレストラン。地元産の魚介や野菜のほか、肉類も燻製にして、赤ワイン煮やボルシチ、ポトフといった洋テイストの燻製料理を提供。どれも燻香の加減が実に程よく、最後まで食べ飽きることがない。ウイスキーに合うのは言わずもがなだ。 ※ランチタイム有


ランキング


>>総合人気ランキング