MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

ウイスキーに関するグルメ記事

表示順:
消費税が10%に上がり、仕事が終わってもまっすぐ帰宅。 家で飲むという方が増えたのではなかろうか。せっかくの家飲み、いつもより“いいお酒”でのんびりと過ごしたい。その思いに応えてくれるウイスキーが登場した。
更新: 2019-10-17 15:00:00
中井エリアのそば屋「green glass(グリーングラス)」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。店主の関根さんは名店「眠庵」で腕を磨き、産地の違う蕎麦の個性を引き出す技を学んだ。その違いを食べ比べる2種盛りはそば通も納得の味わいだ。[交通アクセス]地下鉄大江戸線ほか中井駅A1出口から徒歩4分
更新: 2018-09-24 12:38:30
ハーブや漢方を漬けた“薬酒”専門の小さなバー。ウコンやショウガなど40~50種の自家製リキュールが常備され、炭酸と合わせたり、ロックで楽しめる。
更新: 2018-04-13 21:00:00
ジャック ダニエルといえば、100年以上の歴史を誇る、アメリカを代表するウイスキーのひとつ。 そのジャック ダニエルから、桜吹雪を纏った限定デザインのボックスが登場!
更新: 2018-02-19 12:38:06
ウイスキーの愉しさは香りと味わいにある。ただ、それだけでは何かが足りない。その酒が造られた蒸溜所の風土や、あるいは小道具にまつわる逸話に想いを馳せてみる。そんな「物語」と遊ぶのも、ウイスキーの愉しみではないだろうか。ウイスキーの奥深い世界の扉を開いてくれる東京でおすすめする「語り部のいるバー」をご案内。
更新: 2018-01-23 15:58:35
「ウイスキーの魅力は味のバラエティの豊かさにある」とオーナーバーテンダーの谷嶋さん。「蒸溜所詰めのほかに、ボトラーズ・ブランドもある。少量生産なのでボトルごとに味わいが変わるのも面白いですね。今まで定番品しかなかったアイリッシュウイスキーも、最近は限定品やボトラーズ・ブランドが出て評判が上がっています」と教えてくれた。
更新: 2017-11-20 10:51:13
上質な調度品、ゆったりとした空気感。バーで過ごす時間はそれだけで贅沢だが、ここではオーナーバーテンダー・古屋敷幸孝さんに導かれて、チョコレートとウイスキーの世界へ旅立ちたい。
更新: 2018-09-06 17:11:54
かつて日本でウイスキーが高級品だった時代、造り手たちはウイスキーに魂を込めていた。オーナーバーテンダーの菊地貴彦さんが初めてスコットランドの地に立ったのは27年前のこと。
更新: 2017-10-30 18:00:00
「日本のウイスキーはスコッチの製法を踏襲しているものがほとんどですが、キリンウイスキーは国産の中でも少し特別。カナディアンウイスキーの流れを汲んでいるので、ほとんどバーボン樽しか使わないんですよ」と語るのはバーテンダーの堀上敦さん。
更新: 2017-12-20 15:47:50
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt