MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

この夏の担々麺はココで!に関するグルメ記事

この夏の担々麺はココで!に関連するグルメ記事一覧です。

表示順:
羊料理が有名なこの店の店主は中国内モンゴル出身。塊で茹でる柔らかい羊肉も有名だが、美味しいもの好きの店主が繰り出すオリジナルメニューも評判だ。
更新: 2019-09-12 12:00:00
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
更新: 2019-08-26 12:00:00
鼻孔をくすぐる何とも本格派の香りと、端正な無かん水の白いストレート麺が強烈に食欲をそそる。その名も「成都式坦々麺」。
更新: 2019-08-14 12:00:00
スープをひと口飲んで思わず唸ってしまった。今まで辛い料理は“熱い”に限ると思っていたが、この「冷やし豆乳担々麺」はその思い込みを見事に覆してくれる。
更新: 2019-08-03 12:00:00
年に数回は中国へ渡り、食材の仕入れや食べ歩きに努めるという早田さん。医食同源をテーマにした料理は、丁寧に仕込んだ自家製調味料や漢方を使い、食べて美味しいだけでなく健康的、かつ本場クオリティ。
更新: 2019-07-30 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
更新: 2019-07-26 10:11:01
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-19 11:23:17
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-19 11:20:44
最初はほどよく甘く、後からじわじわ辛さや花椒の痺れがやってくる。豊かで刺激的な香りが鼻に抜け、後からじんわり汗が出る。
更新: 2019-07-12 11:56:40
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt