MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

弁当に関するグルメ記事

表示順:
すごく入れ替わりのはげしい吉祥寺において、テイクアウトといえば『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないって思っていたおっさん女子……。 そんな状況なので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ないと思っていたのですが、今年に入ってからいい感じの新顔弁当が登場したのでご紹介したいと思います……。
静岡県の天竜浜名湖鉄道、通称「天浜線」は、もともと国鉄二俣線でした。 戦時中、海岸線に近い浜松付近の東海道本線が不通になったとき迂回できるように、浜名湖の北側をぐるっと迂回して敷かれています。 カラーリングは浜名湖をイメージした青、三ケ日みかんをイメージしたオレンジと緑色です……。
吉祥寺って、お弁当屋さんが少ない気がするのは、私だけでしょうか? アトレ吉祥寺の食品売り場にも、東急吉祥寺のデパ地下もお弁当を販売しているけど、やっぱりできたてが食べたいよな、と思っているおっさん女子……。 そこで、財布の中身が寂しい日でもOKのワンコイン弁当をチョイスしてみました!
土讃線の四国まんなか千年ものがたりに続けて、トロッコ列車“志国高知 幕末維新号”を撮影しながら四万十川流域の窪川駅へ向かいました。 高知はとにかくおいしいものが多いですね。
このボリュームでこの値段!? しかも銀座で!? と驚愕必至のメニューがこの松花堂弁当。厳選した食材を使用する和食が自慢の居酒屋が打ち出すランチタイムの一品だ。
その昔、吉祥寺のお店で店主からの注文の多い料理店といえば、お好み焼きの『吉祥夢(きっちょむ)』であった。ここはお客に注意する&怒る店として有名で、テレビで取り上げられたりもした。そんな『吉祥夢』は2007年に閉店。そして2017年の今、吉祥寺で注文の多い料理店といえば『長男堂』である……!
熟成肉で評判のステーキ店「格之進F (カクノシンエフ)」によるランチBOX。デミグラスソースをまとったハンバーグは国産牛と白金豚の合挽き。塩麹で引き出した濃厚な旨みが自慢だ。[交]六本木一丁目駅直結 アークヒルズサウスタワー地下1階 ※ランチタイム有
ビストロのお持ち帰りランチ。白金豚100%のハンバーグはしっかりした口当たりで野菜の甘みを感じるソースと好相性。寄り添う卵焼きにも心躍る。白菜のスープ付き。ビストロ エビテイ (Ebitei)JR山手線・埼京線【恵比寿駅】(東口)徒歩6分 ※ランチタイム有
注文後に焼くハンバーグは牛と豚の粗挽き&細挽き肉を配合。奥深い味とふんわり食感に驚く。玉ねぎたっぷりのソースとチーズも相まって絶妙なウマさ。榎本ハンバーグ研究所 ※ランチタイム有
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt