MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

すき焼きに関するグルメ記事

表示順:
中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378
新宿のすき焼き、しゃぶしゃぶ店「とみたや」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。[住所]東京都港区新橋4-15-1 岩崎産業ビル2階
愛知県は食材の宝庫である。それこそ、三河湾産の魚介や知多・渥美半島産の野菜のレベルは全国屈指。 名古屋駅から徒歩1分の場所にある居酒屋『名駅 宴処 花かるた』は、名古屋めしが自慢の居酒屋。 ここに、地元食材を9割以上使った絶品コースメニューがあるのだ……。
2990views 名古屋めし
赤坂 松葉屋(和食/赤坂)|大阪・梅田の味噌屋『天満屋』を前身として創業し、4代続く老舗。1976年にここ赤坂で松茸専門店として開業した。
明治2年創業の老舗が、京都駅ビル内に出店。「すき焼き」は、鍋に牛脂をひいてからザラメを散らし、まずは肉を焼く関西仕立て。
[立食焼肉 一穂 第二ビル店]のグルメ記事と写真のページ。JR福島駅前の路地で人気の立ち食い焼肉店が2016年12月大阪駅前第二ビルに2号店を出店。本店同様、A5ランクの黒毛和牛の赤身を中心にホルモンなど多彩な部位を取り揃える。[交通アクセス]JR東西線北新地駅から徒歩5分 大阪駅前第二ビルB1
 明治13年創業のすき焼きの老舗。その地下1階では昼のみ営業するカウンターだけのカジュアルなレストランを構えている。
「山くじら すき焼 ももんじや」は1718(享保3)年創業の山くじら(猪肉)料理の専門店。 [交]総武線両国駅西口から徒歩5分 ※ランチタイムあり
伝統の割り下で炊かれた黒毛和牛は、大判だがほろりと柔らか。シャキッと心地よい歯触りのネギ、椎茸や筍まで丁寧な味付けに名店の心意気を感じる。人形町今半 新宿高島屋店 (にんぎょうちょういまはん)[交]JR新宿駅南口から 徒歩2分 ※ランチタイム有
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt