MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

銀座の夜に大満足!に関するグルメ記事

表示順:
確かに銀座には高級店が多い。しかし、商業ビルの奥、路地裏などへもリサーチをし、見つけました、リーズナブルで美味しいお店。お酒メインで夕食を楽しみたい。まだまだ飲みたい。そんなときに便利なのがバル。知っておきたい、さらには通ってみたい秀逸店を探し出してきました!
のどぐろをウリにする店は数あれど、専門店は珍しい。『銀座中俣』は、主に長崎対馬沖で獲れるのどぐろ“紅瞳”を用いた専門店。紅瞳は、もっちり濃厚で脂が旨く、ブランド化されたのどぐろだ。地下鉄日比谷線東銀座駅A2出口から徒歩1分
確かに銀座には高級店が多い。しかし、商業ビルの奥、路地裏などへもリサーチをし、見つけました、リーズナブルで美味しいお店。気軽なイタリアンから気鋭のフレンチまでおすすめ5店をご紹介。美食の街を感じて下さい!
確かに銀座には高級店が多い。しかし、商業ビルの奥、路地裏などへもリサーチをし、見つけました、リーズナブルで美味しいお店。職人の仕事が冴える会席料理に、のどぐろ専門店。こだわりのお酒を堪能させてくれるコスパのよい居酒屋など。地方からの食材にもこだわったおすすめ和食・居酒屋をご紹介!銀座の夜はこちらでお楽しみあれ!
日本好きが高じて永住を決め、銀座でイタリア料理店「360 ITALIAN RESTAURANT (サンロクマル イタリアンレストラン)」をオープンしたオーナーシェフのドナトさんは生粋のローマっ子。料理はまさしくイタリアの味そのものだ。中でもカルボナーラはぜひ味わってほしい。[交]銀座駅A3出口徒歩5分 ※ランチタイム有
チリを中心に、オーストリア、ハンガリー、フランス産のワインを扱うインポーターが直営する銀座のワインバー「銀座 トレオン 16区」。ワインの品揃えは約60種類。どれもマダムの思い入れのあるワイナリーのものばかりで、ワイン談義に花が咲く。[交]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅5番出口から徒歩2分
銀座6丁目の裏路地。看板も掲げず、小さなビルの2階にひっそりと佇む隠れ家的な和食店。北海道から直送される米や野菜、築地で吟味した鮮魚など、上質な食材を巧みに使い、化学調味料に頼らない、体に優しい料理を供する。落ち着いた個室もあり、接待や会食での利用にも重宝しそうだ。銀座しぶ谷[交]地下鉄日比谷線銀座駅C2出口徒歩4分
2016年3月にオープンした実力派の新店。メニューの中でも特に力を入れるのがマグロ料理だ。使用するのは築地でも指折りの仲卸『吉富』が競り落としたシビマグロ。寿司居酒屋 番屋[交]JR山手線ほか新橋駅銀座口から徒歩5分
バル激戦区のこの地に2015年10月にお目見えしたのがコチラ。ワイン好きの肉バル 寓 銀座店[交]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅10番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有
2015年7月に開業したホテルの1階に店を構える。看板を張るのが、熊本県の契約牧場から直送する最高級の馬肉を使った料理だ。通常よりも長く、4年以上かけて肥育された馬肉は、濃厚な旨みと脂の甘みを併せ持つ。ハナビ(HANABI) [交]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅A1出口から徒歩5分 ※ランチタイム有
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt