MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

厳選 蕎麦Best11に関するグルメ記事

表示順:
実家の蕎麦屋を改装して2代目の土屋匡史さんがにスタートさせた『もりいろ』。ここでは、まったく違う2種類の蕎麦を食べ比べる「2種もり」がなんといっても贅沢だ。 [交]京浜急行大森町駅から徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:09
厳選 蕎麦Best11<後編>は、東京都内で食べられる季節感たっぷりの〈冷やかけ〉や斬新かつ美味な〈変わり〉をご案内!エリア:両国/三鷹/中野/代田橋/神楽坂/西大島 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:00
厳選 蕎麦Best11<前編>は、東京&千葉の〈せいろ〉の三ツ星店。老舗に席を譲りがちな〈せいろ〉の三ツ星店にも、若手の店が続々登場!エリア:大森町/笹塚/茗荷谷/初石/成瀬 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:00
大きなアサリが蕎麦を覆い隠す「銀杏」の名物「あさりそば」。初夏から秋にかけての冷製蕎麦で、アサリが育って大粒のものが出回るようになると登場する。定番「銀涼そば」を始め、工夫を凝らした変わり蕎麦が多いのもここならではのお楽しみだ。[交]都営新宿線西大島駅A2出口から徒歩4分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:09
「蒼凛 (ソウリン)」の蕎麦は石臼挽き自家製粉。せいろはやや粗挽きで蕎麦が九割、つなぎが一割の九一。シャッキリとキレはいいが、食べやすいしなやかさを兼ね備えている。たぐれば蕎麦の香りが鼻に抜け、ほどよい穀物の甘みが深みのある汁と見事に調和する。[交]京王線笹塚駅北口から徒歩6分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:09
「蕎麦きり はるきや」の店主の坂本佳代子さんは専業主婦から蕎麦職人になったという経歴の持ち主。そのせいか、蕎麦もつまみも料理上手のお母さんの手料理のように、どこか温かく優しい味がする。「蕎麦きり はるきや」の[アクセス]地下鉄丸の内線茗荷谷駅1番出口から徒歩8分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-06 09:13:49
実家の蕎麦屋を継いだ鈴木さんは独学で蕎麦を追求し、やがて蕎麦の栽培を手掛けるまでに。そこから農家との交流が生まれ、今では蕎麦は主に農家が『すず季』用に作ったものだ。「流山すず季」の[アクセス]東武野田線初石駅出口から徒歩6分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-06 09:16:51
ジャズが流れる「玄蕎麦もち月」の店内はイタリアンレストランのようにエレガント。休日に訪れたくなるような気持ちのいい空間だ。[アクセス]JR成瀬駅南口から徒歩10分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-06 09:17:42
「江戸蕎麦ほそ川」のそばはシンプルなのになんでこんなに旨いのか?ずずっとやった瞬間にそう思わずにいられない冷かけだ。[アクセス]JR両国駅から徒歩6分、地下鉄両国駅A3出口から徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-06 09:19:25
「手打そば太古福」の「冷しキツネ蕎麦」は丼に入った冷たい蕎麦に、別皿で大根おろしと、熱々じゅわっと甘い油揚げ。別々に食べ進めてよし、ぶっかけにしてよし、自分なりに楽しめるのもうれしい一品だ。[交]JR中央線三鷹駅南口から徒歩2分 ※ランチタイム有
更新: 2017-08-31 11:40:41
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt