MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

せいろそばに関するグルメ記事

表示順:
牛込神楽坂エリアにあるそば屋「手打ちそば 芳とも庵」のグルメ記事とメニュー写真のページ。津軽の味をすする!その製法の複雑さから、本場でもこれを打つ店は数軒しかないという津軽蕎麦。そんな幻の蕎麦を都内で食べられる、「芳とも庵」はおそらく唯一の店だ。[交通アクセス]都営地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩8分
更新: 2018-09-22 10:03:42
代々木上原エリアのそば屋「山せみ」のグルメ記事と写真のページ。築地から仕入れる新鮮な魚介の刺身をはじめ、揚げ物や焼き物、野菜を使った一品料理、さらには味噌や豆板醤で味付けしたピリ辛の豚挽き肉と、たっぷりの野菜、揚げ蕎麦を包んでタコス風にいただく「蕎麦クレープ」などなど、つまみの品揃えがとにかく豊富だ。
更新: 2018-09-22 11:55:50
実家の蕎麦屋を改装して2代目の土屋匡史さんがにスタートさせた『もりいろ』。ここでは、まったく違う2種類の蕎麦を食べ比べる「2種もり」がなんといっても贅沢だ。 [交]京浜急行大森町駅から徒歩1分 ※ランチタイム有
更新: 2019-07-17 15:33:23
蒼凛 (ソウリン)の蕎麦は石臼挽き自家製粉。せいろはやや粗挽きで蕎麦が九割、つなぎが一割の九一。シャッキリとキレはいいが、食べやすいしなやかさを兼ね備えている。たぐれば蕎麦の香りが鼻に抜け、ほどよい穀物の甘みが深みのある汁と見事に調和する。[交]京王線笹塚駅北口から徒歩6分※ランチタイム有
更新: 2019-03-28 14:58:17
「蕎麦きり はるきや」の店主の坂本佳代子さんは専業主婦から蕎麦職人になったという経歴の持ち主。そのせいか、蕎麦もつまみも料理上手のお母さんの手料理のように、どこか温かく優しい味がする。[アクセス]地下鉄丸の内線茗荷谷駅1番出口から徒歩8分 ※ランチタイム有
更新: 2019-06-26 14:59:31
実家の蕎麦屋を継いだ鈴木さんは独学で蕎麦を追求し、やがて蕎麦の栽培を手掛けるまでに。そこから農家との交流が生まれ、今では蕎麦は主に農家が『すず季』用に作ったものだ。「流山すず季」の[アクセス]東武野田線初石駅出口から徒歩6分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-06 09:16:51
ジャズが流れる「玄蕎麦もち月」の店内はイタリアンレストランのようにエレガント。休日に訪れたくなるような気持ちのいい空間だ。[アクセス]JR成瀬駅南口から徒歩10分 ※ランチタイム有
更新: 2018-09-06 09:17:42
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt