ワンタンに関するグルメ記事


関内の唸るラーメン、いま食べておきたい「元祖横浜ワンタン本舗」の「特製雲呑そば」

関内の唸るラーメン、いま食べておきたい「元祖横浜ワンタン本舗」の「特製雲呑そば」

超・超ロング!二度見必至の驚愕ワンタン麺。信州を拠点に、春日の『魚雷』や『烈士洵名』など全国に展開を進める『ボンド オブ ハーツ』グループが新ブランドをプロデュース。“具と皮の両方が楽しめるワンタン” の専門店をオープンさせた。


松戸の唸るラーメン、いま食べておきたい「松戸中華そば 富田食堂」の「雲呑そば」

松戸の唸るラーメン、いま食べておきたい「松戸中華そば 富田食堂」の「雲呑そば」

松戸の唸るラーメンは「松戸中華そば 富田食堂」のラーメン。つけ麺の名手『とみ田』が手掛ける『富田食堂』が移転リニューアル。グループ初となる淡麗系ラーメンを新たな看板メニューに掲げ、再スタートを切った。


中華三原|おすすめの「チャーシューワンタン」は800円!(中華料理/東銀座)

中華三原|おすすめの「チャーシューワンタン」は800円!(中華料理/東銀座)

創業は昭和38年頃、銀座5丁目の裏小路に佇む、都会の奇跡のような存在。客のほとんどが、座ると同時に「自分定番」のメニューを注文する、正しき姿のザ・町中華


大森駅の唸るラーメン!いま食べておきたい「麦苗」の「特製醤油らあめん」

大森駅の唸るラーメン!いま食べておきたい「麦苗」の「特製醤油らあめん」

大森駅の唸るラーメンは「麦苗(むぎなえ)」。「Homemade Ramen 麦苗」は化学調味料には頼らず、国産の食材と厳選した調味料で旨みを追求する。[アクセス]JR京浜東北線大森駅北口から徒歩5分


九段下の唸るラーメン!いま食べておきたい「八咫烏」の「特撰ラーメン黒」

九段下の唸るラーメン!いま食べておきたい「八咫烏」の「特撰ラーメン黒」

九段下の唸るラーメンは「八咫烏(ヤタガラス)」。ラーメンの奥深さに魅せられた店主が、2年の年月をかけて素材の味を生かした無化調ラーメンを開発。動物系の素材を一切使わず、厳選した数種類の煮干しと枯れ節、昆布、野菜などで取ったダシは、ブイヨンのように澄んだ琥珀色をしていて、見た目や香りからも美味しさが伝わってくる。


ランキング


>>総合人気ランキング