MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

ビールに関するグルメ記事

表示順:
黄金色の美しい液体にソフトな泡。呑むと、グビグビ……プハーッ! ああ、なんて美味しい生ビール!! と感動しきりのビヤホールがこちら。
更新: 2019-05-13 14:04:34
看板は、クセがなく刺身でも食べられるほど鮮度の良い上州豚料理。中でもスモークまたは塩などから味を選べるヤキトンは、炭でぷりぷりに焼き上げられた魅惑の味だ。
更新: 2019-05-14 15:35:42
 地元・神奈川県産の食材をふんだんに使った洋食を提供。看板商品のナポリタンなど懐かしさを感じる味や雰囲気を残しながらも、素材にこだわるなど時代に合わせた料理がいただける。
更新: 2019-05-21 11:04:47
 明治後期創業の老舗。名物は焼物で、人気の2品を一度に楽しむならチャーシュー&皮付き豚バラ肉の焼物で決まり。
更新: 2019-05-21 11:38:06
店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。
更新: 2019-02-17 12:00:00
サケトアテ 珍念(バー/谷中)|2017年9月、よみせ通りに新たなバーがオープンした。アルコールはビールやワイン、ウィスキーなど、ひと通り揃えているが、とりわけ力を入れるのが日本酒だ。
更新: 2019-01-03 18:00:00
アウグス谷中ビアホール 夕やけだんだん店(居酒屋/谷中)|谷中散策のスタートにふさわしい1軒が、“夕やけだんだん”のたもとに店を構えるこちらのビアホール。店内は座敷にちゃぶ台を置いた純和風の設えで、靴を脱いでゆったりくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-01-01 12:00:00
奥沢『ラッドクラフト』|シックな雰囲気のドアと壁がランプに照らされ、映画のような外観の店。バーテンダーとして出発し、ソムリエでもある店主のこだわりは、ブリティッシュ・アメリカンスタイルの古い“ダイナー”調のメニューだ。
更新: 2018-11-27 10:46:47
蔵出し和酒と江戸前天ぷら 甲州街道 賽(旧店名:武蔵野 はせがわ)|うどん好きならば、この店名にピンと来るだろう。大泉学園にある武蔵野うどんの名店『長谷川』から暖簾分けし、2016年にオープンした。
更新: 2018-11-21 18:00:00
1 2 3 4 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt