MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

錦糸町グルメ

錦糸町グルメのグルメ記事一覧

表示順:
「戦後すぐの創業ですから、当時は豆やモツくらいしかなかったそうです」と、店主・宮野雄治さんは語る。
 祖父の万吉さんが店を始めたのは、1945(昭和20)年のこと。
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。
グルメライターが錦糸町のうどん店[分讃岐うどん あ季 時譚]を実食レポート。2017年11月に個性溢れる店がオープンした。定番の天ぷらや牛スジ煮込みに混じって、ローストビーフや鴨のロティといった洋のつまみが品書きに顔をのぞかせる。[住所]東京都墨田区錦糸1-10-17
10月に立川のラーメンスクエアにも出店を果たした注目の担々麺専門店。店名のとおり7色の担々麺を展開し、それぞれ異なった味わいを楽しめる。
「錦糸町」は、世界の料理が集まる多国籍なグルメエリア。そこで、食で世界一周気分を味わえるかどうか食べ歩いてきました!
コーヒーの美味しさで知られるこちらの専門店ではシンプルなケーキを味わおう。とりわけ「珈琲を使ったモカチーズケーキ」は、口に入れるとクリームチーズのコクの後から豆の香りが追いかけてくる絶妙な味わい。
 その裏手にあるのがルーマニア料理の『ラ・ミハイ』だ。写真の「人気三種のいいとこ取りプレート」(1500円)は、「いんげん豆のたたき」、「たらこのペースト」と通常は「フェタチーズ」が盛られるが、これをホール担当のユリアさんに「ルーマニアポテトサラダ」に変えたい旨を伝えると快く聞いてくれた。
錦糸町で日本人オーナーシェフが腕をふるうスペイン料理『バル ポルテーニョ』。アルゼンチン料理を目当てに向かった。
 まず向かったのはロシア料理の『スカズカ』。写真の「ニシンのマリネ」(1134円)、「ロシア風水餃子」(972円~)などを注文。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt