MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

丸の内グルメ

丸の内グルメのグルメ記事一覧

表示順:
ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。
更新: 2018-12-28 18:00:00
グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階
更新: 2018-12-04 17:00:24
イゾラ スメラルダ(ピザ/東京)|ピッツァイオーロ(ピザ焼き職人)の大関さんにナポリピッツァの極意をたずねると、「窯を熟知することですね」。巨大な石窯は、わざわざイタリアから職人を呼んで組み上げたもの。
更新: 2018-12-03 14:19:02
「京おばんざい 豆まる」の「はんなり御膳」はおばんざいをはじめ、天ぷら、刺身などが9つの枡に美しく並び、どれから食べようか迷ってしまう。滋賀県近江八幡の水くぐり豆で作られた生湯葉は、濃厚でとろとろ。京おばんざい 豆まるの[交通アクセス]はJR東京駅丸の内南口・有楽町駅国際フォーラム口から徒歩5分
更新: 2018-09-06 17:46:10
おとなの週末「蕎麦呑み、天国。」特集掲載店舗。信州軽井沢を拠点に、厳選大豆を使用した11種類の信州味噌や、昔ながらの製法で作られた醤油の販売を手がける酢重正之商店がプロデュース。
更新: 2018-05-21 10:25:33
鉄次(たい焼き/丸の内)|世界初の大回転焼き「全自動たい焼き機」を使い、一丁焼きの特徴である「薄皮」「パリッとした食感」にこだわったたい焼き。たっぷり入った北海道十勝産小豆使用の餡は、甘さ控えめで小豆の風味が生きている。
更新: 2018-09-18 11:25:10
夜はコース1万円以上する高級店のパスタの味を、平日ランチならお手頃価格で楽しめる。〝ジャパニーズイタリアン〟を掲げるこの店のメニューは、日本の暦や旬、話題の食材に合わせて数週間ごとに変わるのが特徴。 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:08
エッセンツァはイタリアンの名店『アロマフレスカ』のパスタ専門店。カウンター席中心の店内はカジュアルなオープンキッチンスタイルで、本格的なパスタとワインを楽しめる。※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:55:02
 “醸造家の夢”と題し、発売された「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」。その樽生を味わえる旗艦店がこちら。「さまざまな香味のバランスが絶妙なので、時間経過とともに味の変化も愉しめるビールです」と店長の城田さん。MASTER'S DREAM HOUSE (マスターズドリームハウス)[交]日本橋駅、大手町駅1分 
更新: 2017-12-20 15:48:09
食肉卸直送の良質な肉を使った“肉弁当”専門店。甘辛ダレの染みた牛肉と玉ねぎがご飯と抜群の相性。温泉卵を絡めればさらに味わいは膨らんでいく。東京精肉弁当店 [交]東京駅 丸ビル地下1階 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:11
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt