MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

三田グルメ

三田グルメのグルメ記事一覧

表示順:
 東京ではまだまだ数少ない、大阪の「かすうどん」を味わえる店。「かす」とは「油かす」のことで、牛のホルモン(主に小腸)を高温で揚げたもの。
更新: 2018-11-10 12:00:00
三田エリアのランチをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店、三田、学生街ランチは安い・旨い・大盛りランチの激戦区!!舌も胃袋も両方満たす、“腹十二分目”の極上店を4店まで大厳選。そんなにサービスして大丈夫なの?と不安になるほど、メシをワシワシと掻き込める。
更新: 2018-09-21 09:37:20
ホルモンまさる(焼肉/三田)|開店と同時に、昼から肉を焼き焼きしたい猛者たちの行列ができる。ランチの「焼肉定食」で出される国産和牛は、30cm超の皿を覆い尽くす迫力の大判カルビ。
更新: 2018-05-06 19:11:00
新橋ベーカリー 新堀店(洋食/三田)|食パン半斤の中に、ケチャップライスをぎゅぎゅっと詰め込んだハンバーグドリア。付け合わせのポテサラとスパゲッティもたっぷり。
更新: 2018-09-10 10:22:23
三代目 ぬる燗 加藤(居酒屋/三田)|店名の通り、夜は燗の日本酒を楽しませる居酒屋。昼は築地で仕入れた旬魚を塩焼き、煮付け、刺身などなど、多彩な定食にして食べさせてくれる。
更新: 2018-05-06 09:09:35
三田「亀喜」の「オムライス」はデ、デカい。薄焼き玉子で包みケチャップをかけた王道スタイルだが、その重量感はハンパじゃない。[交通アクセス]は都営三田線三田駅A3出口から徒歩3分
更新: 2018-09-10 16:50:28
三田エリアの焼き鳥店「焼鳥 嘉とう」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。「焼鳥 嘉とう」の店主の加藤さんは北千住の名店『バードコート』出身。弾力があり味わい深い奥久慈しゃもをメインに扱い、紀州備長炭で丁寧に焼き上げる。[焼鳥 嘉とう 住所]東京都港区三田3-3-2
更新: 2018-10-10 09:11:50
飲み屋がひしめく三田の慶應仲通りから狭い路地に入り、歩くこと数分。暖簾がたなびく渋い店構えで、いかにも「旨い!」オーラを漂わすこの店が『ホルモンまさる』だ。
更新: 2018-04-23 17:29:58
皮はもちろん手作り。餡は、豚挽き肉に惜しみなく干しシイタケとタケノコ、ネギのみじん切りを混ぜ込んである。そのため、食べれば干しシイタケの香りが鼻を抜け、あっさりしているのに、奥深い旨みを味わえる。チャイナエクスプレス杏花園[交]都営三田線三田駅、JR田町駅から徒歩約7分 ※ランチタイム有
更新: 2017-09-05 13:27:18
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt