MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋めし

名古屋めし

名古屋メシをこよなく愛し、東海地方を中心に活躍する筆者が実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

名古屋めしのグルメ記事一覧

表示順:
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
JR中央本線・地下鉄東山線千種駅の北に寿司やとんかつ、焼き鳥など飲食店が軒を連ねるエリアがある。 安くて旨い穴場の店が多く、これまで何軒か取材をしたこともある。今回紹介するのは、その千種駅北エリアに今年5月にオープンしたばかりの『花○商店 千種店』だ。
更新: 2019-06-03 16:02:00
名古屋でふわとろの親子丼ブームの火付け役となった『とり五鐵』。親子丼の元祖、東京・日本橋人形町『玉ひで』の八代目当主、山田耕之亮氏プロデュースのとり料理専門店だ。 この名店で、このほど新しい親子丼がメニューにわえられたというので、早速、食べに行ってみた……。
更新: 2019-05-27 16:05:00
名古屋で「うなぎ料理」、と聞いて何を想像するだろうか? うな丼やうな重? それともひつまぶし?  今回紹介する『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。それが「うなぎの炊き込みご飯」だ……。
更新: 2019-05-16 16:05:00
新元号が「令和」に決まり、新しい時代が始まる。 名古屋市瑞穂区にある『ひつまぶし う家 八事本店』では、天皇陛下の御即位を奉祝する特別な献立を用意したという。その名も、御即位奉祝徳会席「令和」。値段は7020円とやや値が張るものの、こんな機会は滅多にない。今回はその全貌を明らかにしようと思う。
更新: 2019-05-16 14:26:40
「カレー」と聞いて、どんなカレーをイメージするだろうか? 欧風カレー? それともインドカレーやタイカレー? 最近ではスパイスカレーも人気を集めているが……。 私が思い浮かべるのは、喫茶店のカレー。 缶詰のカレーを温めただけの店もあるが、あれはあれで旨いから不思議だ……(笑)。
更新: 2019-04-27 16:00:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-04-18 10:53:54
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
岐阜県は、国的な知名度を誇る飛騨牛をはじめ、ブランド豚の美濃けんとん、奥美濃古地鶏など、食材の宝庫。今回は番外編として、岐阜で私が見つけた美味しい店『手打ちうどん 丼物 角浅(かくあさ)』を紹介しよう。
更新: 2019-03-11 16:14:20
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt