MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

人形町グルメ

人形町グルメのグルメ記事一覧

表示順:
 清潔感がある粋な佇まい。その雰囲気を裏切らず、きれいでスッと体に染みる立ち蕎麦だ。
更新: 2017-12-20 15:47:47
 普通の主婦が一念発起。蕎麦店で働きながら資金を集め、名人の師匠のもとで勉強して独立を果たしたのは今から10年前のことだ。「女性らしい優しい蕎麦とよく言われます。蕎麦は打つ人で味が変わるもの。男性とはまた違う力加減やのし方で作る味を優しいと表現されるのはうれしい」と話す店主の御供さん。
更新: 2017-12-20 15:47:48
[森乃園]のグルメ記事と写真のページ。お茶屋さんが創った茶葉の香り豊かな餡を召し上がれ。ほうじ茶で有名な老舗のお茶屋が冬の甘味もプロデュース。京都・宇治産の高級抹茶や、2度焙煎の最高級ほうじ茶の葉をたっぷりと餡と白玉に練り込み、風味豊かな味に仕上げている。
更新: 2018-09-17 15:38:43
人形町にある高級鯛焼本舗 柳屋のたい焼きのご紹介!甘酒横丁にある大正5年創業の老舗。一丁焼きのたい焼きは、皮は薄めでパリッと香ばしい。
更新: 2018-09-18 11:36:40
基本の3串とサラダ、本日のブルスケッタ2種が揃って1300円とリーズナブルな晩酌コース、ここに赤白3種ずつあるグラスワインを合わせてまずは一杯。好みでそれに追加していくなんて使い方もおすすめ。※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:47:52
 唎酒師の資格を持つ店長・中村典嗣さんがとりわけ力を入れるのは燗酒だ。それぞれの酒に適した温度で丁寧に燗をつけることで、米の旨みや香りが一段と華開く。
更新: 2017-09-08 17:25:06
「人形町 梅田」は父から受け継ぎ、創業から約40年をむかえる。主に使用するのは脂ののった大振りの三河一色産。[アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩1分※ランチタイム
更新: 2019-06-24 12:11:10
 看板料理の餃子は「手作りパリパリ餃子」を除いて全てが厚皮だが、なんとどれも厚さが異なる。最も厚いのは「手作り黒豚肉入り餃子」。
更新: 2018-04-19 09:18:07
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。[交]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A4出口から徒歩3分 ※ランチタイムあり
更新: 2017-12-20 15:48:08
路地裏に佇む店は築80年の古民家を改装したもの。元大工の店主と元ジュエリーデザイナーの女将が設計した内装で、親戚の日本画家が描いた襖絵など随所に粋な装飾が施されている。そんな風情ある店内でいただけるのは、静岡の割烹で修業した板長による洗練された和食だ。[住所]東京都中央区日本橋人形町1-5-10 ☎03-3664-3322
更新: 2019-03-29 10:41:54
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt