MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
まとメシ オリジナルコンテンツ

まとメシ オリジナルコンテンツ

まとメシ記者たちによるオリジナルコンテンツ。 趣味の域を超えた、『食』に関するこだわりのアレコレをご堪能ください!

まとメシ オリジナルコンテンツのグルメ記事一覧

表示順:
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
1073views 脱メタボ
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
実は私、吉祥寺で飲みません(笑)。もっと言うと、家飲みもしません。 そんな私ですが、2019年~2020年にかけて(現在進行形)、仕事などで“もーやってらんない”という事があまりに多すぎた。そして食べ物にお金を投入して自分を甘やかしてきた……。 そこで私は、ついに禁断の吉祥寺昼飲みを、仕事が休みの週末に限定で解禁してしまったのでした……。
今年も多彩なサバ缶がデビューを果たしたが、いまジェンヌがときめきまくっているのがこちら。2019年10月に発売がスタートした北海道・ノフレ食品「keith缶詰シリーズ」のサバ缶。 なにがどうって、このおしゃれっぷりがたまらないのだ!
ずっと前から気になっていたドイツ製のマルチ鍋の「WMF フュージョンテック ミネラル マルチポット」。 正規の製品の販売元が変わり、新たに売り出されたということで、奮発して購入しちゃいました〜!
冬の朝は雨戸を開けて、ちょっとだけ見える富士山を眺めるのが自宅にいるときの日課です。 富士山が美しく見えていて、その日急ぎの予定がないと、反射的に出かけてしまうのが富士急行の撮影。 目覚めてから最初のシャッターまで2時間くらいと、近くて美しいのが魅力です。 この鉄道富士急行は多彩な列車が走る路線で、車内ではスイーツも楽しめます。
新春1回目のルポなので、この日のために温存していた実に華やかな企画を送りたい。 米沢牛を愛してやまない1人の男の物語でもある。 男の名は、黒田辰巳さん(40)。 泉北高速鉄道「光明池駅」から車で約10分の場所にある「焼肉くろちゃん」のオーナーだ。
吉祥寺のオシャレカフェをディスりがちな、おっさん女子です。 しかし私にもディスれないっていうか、けっこう好きかも、というオシャレカフェが吉祥寺にあります……。 それはアトレ吉祥寺本館1Fの『S』。 間違いなくオシャレカフェなんだけど、フードメニューがなぜか昭和なのよ……(笑)。 たぶんコンセプトのひとつだと思うんだけどね。
1 2 3 4 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt