大阪グルメ

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「なんばグランド花月」、「大阪城」、「京セラドーム」などがある大阪市エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。大阪市の鍋などから大阪市のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は大阪市の和牛ホルモン やの家など。

関連するカテゴリー

カレー そば・うどん

大阪グルメのグルメ記事一覧

人気店『うどん棒 大阪本店』は「おいなりさん」も旨すぎる!

人気店『うどん棒 大阪本店』は「おいなりさん」も旨すぎる!

うどんとご飯。関西人が愛する炭水化物の共演です。このセットは奥が深いですよ。


渡邊カリー│肉厚カツが誘惑するダシ香るコクありカリー(カレー/梅田)

渡邊カリー│肉厚カツが誘惑するダシ香るコクありカリー(カレー/梅田)

ドドンと鎮座する150gの肉厚カツ。さらにターメリックの黄、パクチーの緑、酢漬けキャベツの赤。※ランチタイム有


旧ヤム鐵道│いつも先陣を走るカレーブームの底上げ隊長(カレー/梅田)

旧ヤム鐵道│いつも先陣を走るカレーブームの底上げ隊長(カレー/梅田)

ある月のメニュー「ローストスパイスが香ばしいぎゅうとんじゃがキーマにパセリと押し麦のタブーレ添え」「ケイジャンドライガンボ乗せ青チリで煮込む鮪と豚のキーマ」「ミックスハニーナッツと食べるさっぱり梅カツオ鶏キーマ」。興味をそそるラインナップに思わず前のめる。※ランチタイム有


セイロンカリー│ガツンと来る辛みと旨み正統派スリランカカレー(カレー/長堀橋)

セイロンカリー│ガツンと来る辛みと旨み正統派スリランカカレー(カレー/長堀橋)

スリランカ料理に魅了されたオーナーの重國裕子さんが、スリランカからわざわざシェフを引き抜きオープンしたのが2013年。当初は閑古鳥だったが、カレーブームとともにじわじわと評判が広がり、今は開店時から行列必至。※ランチタイム有


アアベルカレー│「間借り」からてっぺんへ独立を遂げ、さらに進化(カレー/九条)

アアベルカレー│「間借り」からてっぺんへ独立を遂げ、さらに進化(カレー/九条)

2015年関西某誌カレーグランプリに輝いた間借り店が2016年4月に独立! 店主の安倍さんは独立の準備期間に改めてカレーを研究しにインドへ。※ランチタイム有


北新地 林家│ピリリ花椒にシビれる「麻婆カレー」、中と印の刺激的な出合い(カレー/北新地)

北新地 林家│ピリリ花椒にシビれる「麻婆カレー」、中と印の刺激的な出合い(カレー/北新地)

夜は欲望渦巻く北新地も昼間はふぬけて人もまばら。そんななか、どこからか香るスパイス香。テナントが密集する怪しげな雑居ビルの2階。深夜だけ営業するわずか9席の『深夜食堂 めしや』を間借りして、昼間にカレーを提供するのはピンクヘアがキュートなりんりんさん。※ランチタイム有


ダルバート食堂│体と心に染み渡るネパールの優しい風(カレー/谷町六丁目)

ダルバート食堂│体と心に染み渡るネパールの優しい風(カレー/谷町六丁目)

ネパールに恋した店主・杉野さんが2015年5月にオープン。年に1~2度は現地で食べ歩き、今年からは自身がアテンドするネパールツアーも実施予定の超フリーク。※ランチタイム有


[閉店]和牛ホルモン やの家(鍋/天満)

[閉店]和牛ホルモン やの家(鍋/天満)

“ちりとり”の上で出会う上質肉、野菜、辛味噌三位一体の美学。良質な牛肉を使ったちりとり鍋、もつ鍋が名物だ。“ちりとり鍋”とは、ちりとりに似た底の浅い四角い鍋に山盛りの野菜と牛肉を煮て食べる鍋のこと。大阪に住む韓国人たちが日本のすき焼きに満足できず生み出したのが始まりとか。


ランキング


>>総合人気ランキング