MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

列車の旅

カテゴリーで絞り込む

列車の旅のグルメ記事一覧

表示順:
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
運行開始は2016年4月、まだピカピカの豪華リゾート列車だ。既存車のリニューアルではなく新たに誕生させたオリジナル車両。
穴水駅から和倉温泉駅を経て七尾駅へ。七尾湾沿いに走る距離はわずか33㎞ほどなのだが、所要時間は1時間。
富山の大自然との調和をモチーフにした車両は、九州新幹線や豪華クルージング列車「ななつぼしin九州」のデザインを手がけた水戸岡鋭治氏によるもの。木の温かい質感が生かされている。
高岡駅を起点として、合掌造り集落の五箇山の嶺に向かって南へ走る城端線。一方、北の青い海原が広がる富山湾を車窓間近に描くのが氷見線。
幕末に加賀藩領で始まった婚礼の風習で、結婚式は花嫁が実家の紋入り「花嫁のれん」をくぐることから始まる。この列車旅の幸せなひとときも、金沢駅のホームに掛けられた花嫁のれんをくぐるところから。
濃紺色のボディに黄金のライン。見た目から上質な列車は、近畿日本鉄道が大阪阿部野橋〜吉野間で9月10日より運行を開始した観光特急「青の交響曲」。
今年サミットで賑わいを見せた伊勢志摩へ向かう観光特急しまかぜ。従来の大阪難波駅発と近鉄名古屋駅発に加えて、2014年からは京都駅からも賢島駅に向けて走り始めた。
「クレイル」はイタリア語の「成長した」という意味の単語などを組み合わせた造語。“大人に適した列車”を謳っている。
 デビューから半年、極上の料理とハイエンドなサービスで予約が殺到している、今もっとも旬なグルメ列車だ。乗り降り時にはホームにレッドカーペットが敷かれ、着席すればアテンダントがさり気なく乗客名で話しかけてくる。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt