MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

六本木グルメ

六本木グルメのグルメ記事一覧

表示順:
キッチンれん(洋食/六本木)|ネオンきらめく六本木で都会のオアシスのような洋食屋を発見。界隈ではちょっと知られた存在で、もうすぐ開店20年になるという人気店だ。
更新: 2018-12-26 18:00:00
デンメアティーハウス六本木| オーストリア・ウィーンが本店の「デンメアティーハウス」。赤を基調とした店内は上品かつ、落ち着いた雰囲気で、紅茶をゆっくりと味わえる空間だ。
更新: 2018-11-30 10:20:00
人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが六本木で覆面調査をして見つけた、日本酒と牡蠣が楽しめる居酒屋や、ウィスキーが満喫できるバー、絶品焼き鳥店など、六本木駅・六本木一丁目駅から徒歩10分以内でおすすめのディナーをご紹介!
更新: 2018-11-29 17:55:41
「日本酒フリーフロー」、こちらの飲み放題の名前だが、2ヶ月単位で入れ替えるというリストを見れば、北海道から沖縄(!)まで、全60種類の日本酒が揃う。日本酒はモダンとクラシック、ライトからフルボディと縦軸・横軸で6タイプに分類されているので、好みをいろいろ試しやすい。
更新: 2018-06-06 18:00:00
『BUTABARA TO THE WORLD』を手がける『焼とりの八兵衛』の味が東京でも食べられる。備長炭で焼き上げる豚バラ肉は、口中で肉の旨みと香ばしい風味が広がり美味。
更新: 2018-03-06 16:04:41
世界で一番じゃがいもを食べる国、ベラルーシ。国民一人当たりの年間消費量は約180kgともはや主食級で、家族4人ならじゃがいものパンケーキ「ドラニキ」を50枚くらい焼くというからスゴイ。
更新: 2018-08-30 16:38:50
六本木の中華店「健民ダイニング」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。健民ダイニングは神戸に本社を構える「ケンミン食品㈱」のアンテナショップとして、主力商品のビーフンをひっさげ六本木にやってきた。自慢の「福建風焼ビーフン」は、米粉100%のビーフンを使用。[住所]東京都港区六本木3-1-25 六本木グランドプラザ
更新: 2018-10-12 15:39:22
「美味しいカバを探していましたが、コンデ・デ・カラルはまさにイメージ通りです。バランスがよくて、味に奥行きがあるので料理を選ばない」と太鼓判を押すのは、スペインのミシュラン星付き店で修業を積んだ『フェルミンチョ』の作元慎哉シェフ。※ランチタイム有
更新: 2017-09-13 12:00:00
従来のイメージを覆すお茶漬けが六本木に登場した、「創作お茶漬け専門店 だよね。」は、プロデューサーの山城達也さんが、お酒の〆をラーメンからお茶漬けに変えたいと始めた意欲店だ。[交]都営大江戸線ほか六本木駅7出口から徒歩2分 ※ランチタイム有 
更新: 2017-12-20 15:48:18
おとなの週末「がっつりサンド」特集掲載店舗。アメリカの高級ステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス六本木」が提供する「ステーキサンドウィッチ」は、バゲットからはみ出るほどたっぷり120gを挟んだ熟成サーロインステーキが自慢。[交]六本木駅3番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:18
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt