MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

両国グルメ

両国グルメのグルメ記事一覧

表示順:
根津 鶏はな 両国 江戸NOREN店(焼き鳥・鶏料理/両国)|「東京しゃも」は脂肪が少なく、弾力と赤身の旨さが際立つ伝統の味。その希少な食材の親子丼を気軽に味わうならこの店が間違いない。
更新: 2018-12-24 18:00:00
両国のとんかつ店「とんかつ はせ川」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。2~3㎝はあろうかという厚切極上ロース(220g)の迫力はどうだ!もちろん厚みだけではない。[住所]東京都墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル103号 [TEL]03-5625-2929
更新: 2018-12-04 16:15:36
幅広い世代が満足できてほぼハズレなし!2016年秋から、鉄道の高架下、新たなビルの建設や施設のリニューアルで気になるグルメスポットが続々とオープン。では、どこに美味しい店が集まっているのか。覆面調査をしてきました。今回は両国の「江戸NOREN」でおすすめ店をご紹介。
更新: 2018-07-11 18:14:57
両国のちゃんこ鍋「割烹 吉葉」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。第43代横綱・吉葉山に由来する割烹・吉葉。旧宮城野部屋の姿がそのまま残る珍しい店だ。[住所]東京都墨田区横網2-14-5
更新: 2018-10-12 09:34:08
「ウランバートル」は両国にある、元小結・白馬のお母さんが経営するモンゴル料理店。夕飯をとる力士との遭遇率が高いので、相撲ファンの女子も集まり、皆がここで羊肉の味に目覚める。[住所]東京都墨田区両国3-22-11 2階
更新: 2018-10-12 09:40:00
両国のそば店[蕎肆 穂乃香(きょうし ほのか)]のおすすめメニューのグルメ記事と写真。地元の蕎麦屋の三代目ご主人が、より本格派を目指し改装したお店。地域住民や蕎麦好きに愛されて9年目だ。[住所]東京都墨田区緑1-25-7
更新: 2019-01-31 10:36:11
 両国で30年続く、60~70年代のアメリカを意識した「食べるバー」。食事が充実しランチやディナーに最適。
更新: 2018-03-18 18:00:00
直木賞作家の常盤新平さんをはじめ、数々の文化人に愛されてきた『ワンモア』。銅板で焼くホットケーキが有名だが、実はサンドイッチにもファンが多い。
更新: 2018-09-08 20:50:14
かぶきまぐろ(魚介・海鮮料理/両国)|築地の大卸で働いていた店主が、2軒目の魚料理店を開店。長年培った目利きの技と、市場での伝手を生かし、上質な魚介類を提供する。
更新: 2018-05-07 10:05:45
天ぷら食堂 ひさご(天ぷら・揚げ物/両国)|大正7年創業、100年近い歴史を持つ老舗の姉妹店。天ぷらは特注の胡麻油を使って揚げられる。
更新: 2018-05-07 10:02:04
おとなの週末