MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

埼玉県

埼玉県のグルメ記事一覧

表示順:
 創業から11年目とまだ歴史は浅いものの、界隈で最も勢いのある店と言えばここだろう。“銀座の高級店に負けない味とサービスで、値段は大宮価格”が目指すところ。
メニューにはぎっしりと300種類以上の中国料理が、日本語なしで並ぶ。いつ行っても中国人で賑わっている印象だ。
チャイナタウン化する前の西川口からある山東料理系の老舗。西川口B級グルメで優勝した「彩の国黒豚焼きシューマイ」と「煎人餃子(焼き餃子)」は文句なしの名物。
「蔵の街」川越を人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩き!和食とうなぎから絶対に食べてほしい名店を4店厳選しました!池袋から30分ほどで行けるアクセスの良さも魅力です。店舗情報やMAPもあり!
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
ふかふかした厚めの皮に丸みを帯びたひと口サイズが本場らしい水餃子(茹で餃子)。メニューは、ラム肉、胡瓜とエビ、玉ネギと牛肉……いろんな具材の餃子が並ぶ。
国内の日本酒生産量上位といえば、兵庫、京都、新潟。それらに次ぐのが埼玉というのをご存知だろうか。
豚の育種・生産、精肉、製造・販売まですべてを手がける「サイボクハム」。埼玉県日高市にある本店エリアはミートショップ、レストラン、温泉などを併設。
本川越駅から県道51号線を歩いていると、モワッとした煙が見える。近づくにつれ、香ばしい香りが漂う。香りの先は、老舗うなぎ店『小川藤』だ。
観光名所「喜多院」近くにある、明治元年創業の老舗「東屋(あずまや)」。炭で焼き上げるうなぎは、外側はパリッと香ばしく、中はふっくら。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt