MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

新橋グルメ

新橋グルメのグルメ記事一覧

表示順:
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
羊料理が有名なこの店の店主は中国内モンゴル出身。塊で茹でる柔らかい羊肉も有名だが、美味しいもの好きの店主が繰り出すオリジナルメニューも評判だ。
店主はホッピー不毛の地・大阪出身。本来馴染みは無かったが、東京でシャリキンホッピーに出合い旨さに開眼。
ここ『玉箒』にはメニューがない。それは「注文から楽しんでいただきたいから」と店主の中川伸男さん。
新橋駅から少し歩いた、静かな雰囲気の一角。夫婦ふたりで営む和食店「堤」はある。
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
新宿のすき焼き、しゃぶしゃぶ店「とみたや」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。[住所]東京都港区新橋4-15-1 岩崎産業ビル2階
三井ガーデンホテル銀座プレミア レストラン スカイ|天井から床までの大きな窓から望める浜離宮恩賜庭園や銀座の街並み。ホテルの16階に店を構える眺望抜群のこちらは、2017年6月末に前菜のみだったブッフェを、すべてブッフェにしてリニューアルオープンした。
「新橋てんか」は天ぷら蕎麦前とカレー南蛮の店として心機一転オープン。鰹節の香りが鼻をガツンと刺激する力強いスープに負けない存在感のある極太の蕎麦で、麺に絡みながら濃縮された魚介の旨みが溢れ出す。
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt