東京都のカレーに関するグルメ記事一覧

人気グルメ情報誌の覆面調査で発見した、周辺に有名な「明治神宮」、「東京国立博物館」、「上野動物園」などがある東京都エリアの本当に旨い店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報です。東京都の和食、寿司、ラーメン、イタリアン、フレンチ、洋食、中華料理などから東京都のランチ情報まで、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。掲載店舗は東京都の創作麺工房 鳴龍、東京都のむさし、東京都の照鮨など。

地域で絞り込む

浅草グルメ 西荻窪グルメ 神楽坂グルメ 大塚グルメ 赤坂グルメ 新宿グルメ 麻布十番グルメ 湯島グルメ 三鷹グルメ 神田グルメ 蒲田グルメ 秋葉原グルメ 武蔵小山グルメ 目黒グルメ 恵比寿グルメ 池袋グルメ 世田谷グルメ 銀座グルメ 表参道グルメ 高田馬場グルメ 錦糸町グルメ 門前仲町グルメ 北千住グルメ 神保町グルメ 本郷三丁目グルメ 上野グルメ 中野グルメ 飯田橋グルメ 中目黒グルメ 北参道グルメ 水道橋グルメ 茅場町グルメ 東銀座グルメ 日暮里グルメ 大久保グルメ 南千住グルメ 新宿三丁目グルメ 下北沢グルメ 千駄木グルメ 自由が丘グルメ 押上グルメ 江戸川橋グルメ 幡ヶ谷グルメ 上石神井グルメ 町田グルメ 根津グルメ 清澄白河グルメ 神泉グルメ 半蔵門グルメ 新大塚グルメ 大手町グルメ 祐天寺グルメ 千駄ヶ谷グルメ 三宿グルメ 西麻布グルメ 竹ノ塚グルメ 広尾グルメ

東京都のグルメ記事一覧

カレー愛好家たちの間で話題!後引く旨さの「ダブルカレー」!

カレー愛好家たちの間で話題!後引く旨さの「ダブルカレー」!

千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。


行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。


昭和時代から愛され続けている、ロースのカツカレー!『銀座スイス』

昭和時代から愛され続けている、ロースのカツカレー!『銀座スイス』

ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。


創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。


タマリンド(銀座/インド料理)-南北のシェフが腕をふるうインド料理

タマリンド(銀座/インド料理)-南北のシェフが腕をふるうインド料理

グルメライターが銀座のインド料理[Tamarind(タマリンド)]を実食レポート。南出身のマダン モハンさん、北出身のクマルさん、ふたりの料理長が自慢の腕を競うインド料理店。スパイスは現地で仕入れ、本場の味わいが楽しめる。[住所]東京都中央区銀座6-10-1


祐天寺でカレーを食べるなら「ナイアガラ」のカツカレー

祐天寺でカレーを食べるなら「ナイアガラ」のカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。ミニミニ電車が料理を運んでくることでも有名な店。


江戸川橋でカレーを食べるなら「キッチンヨッチ」のメンチカツカレー

江戸川橋でカレーを食べるなら「キッチンヨッチ」のメンチカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。カレーがメインの洋食店。


広尾でカレーを食べるなら「広尾のカレー」の国産牛テールカレー

広尾でカレーを食べるなら「広尾のカレー」の国産牛テールカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。


トリコカレー(カレー/中野)|鶏スープをかけて食べるカツカレー

トリコカレー(カレー/中野)|鶏スープをかけて食べるカツカレー

中野エリアのカレー屋「トリコカレー」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。濃厚なルーに熱々の鶏スープをかけて好みの濃度にするのが、こちらのスタイル。


新宿の老舗「モンスナック」のカツカレー(カレー/新宿)

新宿の老舗「モンスナック」のカツカレー(カレー/新宿)

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。紀伊國屋の地下にある老舗。


祖師ケ谷大蔵でカレーを食べるなら「カレーの南海」のチキンカツカレー

祖師ケ谷大蔵でカレーを食べるなら「カレーの南海」のチキンカツカレー

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。神保町「キッチン南海」の職人だったシェフが独立し、カレーがメインの店を開店。


新宿にあった「カフェハイチ」、昭和を代表する名作カレーが中野で復活

新宿にあった「カフェハイチ」、昭和を代表する名作カレーが中野で復活

中野エリアのカレー屋「カフェハイチ」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。南の海を思わせる青い皿の上に、こげ茶色のドライカレーがのった丸いライスが無人島のようにぽかりと佇んでいる。このフォトジェニックな光景が「懐かしい」となる人はきっと多い。|café HAITI(カフェ・ハイチ)/カレー/中野


[プネウマカレー]高田馬場にカレーの名作がまたひとつ誕生した。

[プネウマカレー]高田馬場にカレーの名作がまたひとつ誕生した。

プネウマカレー(カレー/高田馬場)|店主の長谷さんは趣味のカレー歴が約20年。かなり攻めたカレーを完成させていたが、店を開く直前に大きな転機がやって来た。


カレーと魯肉飯よくばりに2つを合いがけで「ろかプレート」|魯珈(カレー/大久保)

カレーと魯肉飯よくばりに2つを合いがけで「ろかプレート」|魯珈(カレー/大久保)

「SPICY CURRY 魯珈 (ろか)」(カレー/大久保)|「ロカ」という不思議な響きの店名は、台湾の魯肉飯とカレーに由来する。幼い頃からカレー好きという店主の齋藤さん。


名店の味を受け継いだ職人技が冴えるもう一つのデリー|新川デリー(カレー/茅場町)

名店の味を受け継いだ職人技が冴えるもう一つのデリー|新川デリー(カレー/茅場町)

新川デリー(カレー/茅場町)|この店の「カシミール」の妙はバランス。上野デリーの激辛に慣れた口にはマイルドに感じるかもしれないが、味のベースを決める玉ネギの炒め具合、スパイスの配合やブイヨンに至るまで、すべてに丹念な仕事が施されている。


水道橋の「桃の実」姉妹店、渾身のカレーは「チキンカレー」

水道橋の「桃の実」姉妹店、渾身のカレーは「チキンカレー」

カレー&オリエンタルバル 桃の実 水道橋店(カレー/水道橋)|「いつか自分らしいカレーが作りたい」。そんな思いを抱えて店主の加来さんはインドにも修業に行った。


カレー好きの間で話題の的。人気店出身のインド人兄弟シェフが大塚に店を開いた。

カレー好きの間で話題の的。人気店出身のインド人兄弟シェフが大塚に店を開いた。

やっぱりインディア(カレー/大塚)|『シバカリーワラ』と『ダバ・インディア』。この2つの人気店でそれぞれ腕を振るったインド人シェフ二人が店を開いた。


下北沢に大阪を代表するスパイスカレーの人気店「旧ヤム邸」がやって来た。

下北沢に大阪を代表するスパイスカレーの人気店「旧ヤム邸」がやって来た。

旧ヤム邸 シモキタ荘(スパイスカレー/下北沢)|大阪では市民権を得ている“スパイスカレー”をご存じだろうか? インドでも和風でもないフリースタイルで、スパイスたっぷりだが刺激的と言うよりはむしろ淡く優しい味わい。


恵比寿「GOOD LUCK CURRY」のカレーは人気ビストロが繰り出したリーサルウェポン

恵比寿「GOOD LUCK CURRY」のカレーは人気ビストロが繰り出したリーサルウェポン

「GOOD LUCK CURRY(グッドラックカリー)」(カレー/恵比寿)|エーゲ海のような青い皿にのった美形のカレーは、見た目だけでなく育ちもいい。実は代官山の魚介ビストロ『アタ』が手掛けているのだ。


伝説のカレー店“GHEE”は千駄ヶ谷で「Blakes」として復活を遂げる。

伝説のカレー店“GHEE”は千駄ヶ谷で「Blakes」として復活を遂げる。

「Blakes (ブレイクス)」(カレー/千駄ヶ谷)|かつて神宮前にあった『GHEE(ギー)』は伝説である。そのカレーに影響を受けた店も少なくない。そしてついにこのカレーは千駄ヶ谷で復活を遂げる。


ランキング


>>総合人気ランキング