MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

富山県

富山県のグルメ記事一覧

表示順:
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
「雲の上の居酒屋」を堪能したら、バスターミナルの上に建つホテル立山の『ティーラウンジりんどう』へ。名物の「黒部ダムシフォン」を注文すると、生クリームが波を打ちながら流れ出た高さ10センチほどの巨大なシフォンが出てきた。
白エビビーバー……!?  朝の情報番組を見ていると、NBAに入った八村塁選手の同僚のインスタで、ほかの選手に配ったスナック菓子『白エビビーバー』で盛り上がっている様子がアップされているという話題が。  ちょっと悔しい……。白エビビーバー……食べたことない!  そこで……? 今回は、白エビ三昧と水揚げ漁港の近くを走る万葉線のお話です。
地元の旨いものは地元の酒と合う!しかもやっぱり夏はビールでしょ!ということで、地元メシ×地元ビールを巡る旅に出ました。今回は海を見ながらビールが楽しめる富山県!富山の地元ビールと地元食材が楽しめる、おすすめ2店をご紹介。
富山に来たら食べたいと思う蟹、海老、ホタルイカなど、漁港で直接仕入れた旬の魚介が満載。ボタン海老のしゃぶしゃぶ(要予約)など、その素材を一番美味しいと思う方法で食べさせてくれる。
富山でも数少ないクラフトビールを揃えたバル。その2階にあるのが同じ名前の炭火焼きレストラン。
天然の生け簀”と呼ばれる富山湾を有する富山県。 鮮度の良い状態で水揚げされた地魚を使った寿司を「富山湾鮨」として提供しています。 そのなかから県の中心地・富山市でおすすめの寿司店をご紹介します。
 熟練の職人である大将のモットーは“美味しいものを少しずつ”。おまかせでは、極上のネタを客の好みに応じて刺身や寿司にと種類豊富に楽しませてくれる。
 昭和25年創業の老舗。3代目の店主・横嶋幹雄さんが毎朝市場に足を運び抜群の目利きで仕入れるのは、白エビ、フクラギ(ブリの幼魚)、ソイなどのこの地ならではのキトキト(新鮮)な地魚だ。 ※ランチタイム有
 東京・銀座の有名店で長年腕を磨いた店主・塚田勉さんが、満を持して実家のある富山市で昨年末に開業。地元客からの支持を集め、瞬く間に市内でも指折りの人気店に成長した。 ※ランチタイム有
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt