MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

まとメシ編集部のページ

表示順:
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-27 12:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
浜名湖産天然うなぎから、共水うなぎに変えたのは約14年前。「力強い旨みが衝撃的で、タレに三河のたまり醤油を足すことにしたくらいです」と店主の伊藤正樹さん。
更新: 2019-06-26 13:40:32
創業51年の『うなぎ大嶋』二代目店主、大嶋茂樹さんが共水うなぎに惚れ込んだのは15年前。天然うなぎを超える上品な脂と甘い香りに「これだ」と感動し、共水うなぎが持つ旨みを堪能してほしいと、それまで出していなかった白焼きをメニューに加えたそう。
更新: 2019-06-26 13:46:22
ドーンと山盛りになった挽き肉とヤーツァイ(からし菜の茎の部分を使った四川の漬物)が印象的。レンゲでそれを切り崩しながらコクのあるスープと一緒にずずっとやる。
更新: 2019-06-26 13:34:15
器の中の美しくも旨そうという佇まいは期待を裏切らない。何ともグッとくるバランスのよさなのだ。
更新: 2019-06-26 13:31:16
青森の地酒に食材、そして青森の郷土料理も堪能できる、青森出身の女性オーナーのこの店でもバイスが味わえる。そういえば、バイスにはリンゴ果汁が使われてるし、青森に大森……このシンクロニシティーに酔う。
更新: 2019-06-20 13:12:38
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
更新: 2019-06-19 12:00:00
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-20 13:50:52
1 2 3 4 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt