MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

まとメシ編集部のページ

表示順:
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
通年で営業する珍しいかき氷の専門店。フルーツを使ったイタリアンの店「スタジオーネ・フルッティカーレ」が、もっと気軽にフルーツを味わってほしいと3年前に自家製フルーツソースを使ったかき氷屋を店の一階でオープン。
更新: 2019-08-15 12:00:00
鼻孔をくすぐる何とも本格派の香りと、端正な無かん水の白いストレート麺が強烈に食欲をそそる。その名も「成都式坦々麺」。
更新: 2019-08-14 12:00:00
神楽坂の割烹の水準は高い。ちょっと気張らないと行けない店が多いのが事実。
更新: 2019-08-13 12:00:00
クラフトメンチカツとリモンチェッロサワーの店を標榜するだけあり、メンチカツは14種類用意。すべて手作りのオリジナルだ。
更新: 2019-08-12 12:00:00
天保13年に開業した奈良の「松屋本店」の東京店。自生する葛の根を精製した良質の吉野本葛を使ったくず餅の歯応えと風味豊かな味わいに驚く。
更新: 2019-08-11 12:00:00
神楽坂の和スイーツで真っ先に思いつくのが『紀の善』だ。丁寧に作られたあんみつや釜めし、夏のかき氷も人気。
更新: 2019-08-10 12:00:00
1 2 3 4 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt