MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

まとメシ編集部のページ

表示順:
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。
夕刻ともなれば近所の常連も、海帰りの学生たちも立ち寄り賑やかな角打ちに。よく冷えたグラスの生ビールもあれば、ショーケースには地元のクラフトビールも。
東京都内の「居酒屋激戦区」の1つとして知られる上野。実際にグルメライターが調査したところ、確かにガード下や駅の周辺に、見逃せない安ウマ店をたくさん発見!その中でも特におすすめしたいお店の情報を、厳選してご紹介します!
「寿司屋の仕事の3分の2は仕込み」。そう語るのは、4代目の山縣正さん。
御霊神社の参道で約320年続く老舗和菓子店。名物の力餅は、御霊神社の力石に供えて参列者に分け与えたのが起源で、つきたての柔らかい餅に上品なこしあんをたっぷりのせたもの。
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
1 2 3 4 最後
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt