MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介

まとメシ編集部のページ

表示順:
 キリッとした蕎麦にも、手抜きのない蕎麦前にも、真摯な仕事ぶりが伺える『じゆうさん』。蕎麦好きにはつとに有名だが、意外と知られていない名物が「おあげそば」だ。
更新: 2017-11-27 08:00:00
『ほそ川』の冬の風物詩といえば「かき蕎麦」である。ふくよかなダシの香りが立ち上る、澄んだかけつゆの上に丸々太った牡蠣がつやつやと輝いている。
更新: 2018-09-06 09:29:25
 こちらフレンチのシェフの坂田幹靖氏が、食材として深山赤城産の蕎麦に出合ったことで始めた蕎麦&ビストロである。蕎麦は石臼挽き100%の十割蕎麦。
更新: 2017-12-20 15:47:47
 自家製粉手打ちの蕎麦は、二八で星が入って、なかなかの粗挽き。このちょっとざらざらした食感と、鴨もも肉から出る旨み、その組み合わせが独自の世界観を成す鴨南蛮だ。
更新: 2017-12-20 15:47:47
 ひと味違う、鴨料理屋さん「鴨亭」のランチ限定鴨南蛮がこちらだ。蕎麦専門店じゃないがゆえの遊び心というか自由さで、鴨肉と刻みネギ以外にも、かまぼこ、天かす、月見状態で玉子がのっているのが楽しい。
更新: 2017-11-25 18:00:00
季節の訪れとともに、待ってました! と言いたくなる鴨南蛮である。本枯れの厚削り、鰹節のみでダシを取るというつゆは深く澄んでけれんみがない。
更新: 2018-12-17 10:52:01
東京都内の絶品「肉まん」おすすめ6店。ホカホカと湯気を上げるモチモチの皮、中に閉じ込められたアツアツの餡、そして食べごたえ……チョコやクッキーでは、お腹も心も納得できない大人たちに贈る、おやつ替わりになる東京で食べられる本格肉まん特集です。エリア:中野/明大前/銀座/三田/浅草/表参道
更新: 2018-09-17 15:23:15
蕎麦には人が現れるとはよく言うが、店主・望月輝久さんのセンスを感じさせる、美しくも味わいのある鴨南蛮。こちらの鴨は、フランスの鴨バルバリー種だ。
更新: 2017-12-20 15:47:47
蕎麦を愉しむには一にも二にもまずはせいろが旨い店に行くべし。吟味した原料と手打ちならではの香りと美味を味わいに、電車を乗り継いでも行きたくなる東京都内の店を厳選。エレガントで滋味深い、せいろの魅力ココにあり!
更新: 2017-12-20 15:47:47
 新宿で長年店を営んでいた蕎麦職人歴30年の氏家さんが、休業を経て3年前に故郷の町屋を新天地に選んで再出発した。「真心を込めた仕事がしたい」と住宅街に構えた店は小さな看板があるのみだが、彼の蕎麦の旨さは地元で知られた存在だ。
更新: 2017-12-20 15:47:47
おとなの週末

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt